残業が当たり前になるのはなぜ?こんな雰囲気おかしいでしょ!?

お仕事

 

残業が当たり前になるのって、

一体なぜなんでしょうか?

 

 

やっぱり毎日意味もなく残業するのって、

すごくおかしいですよね。

 

 

でも職場の雰囲気では残業が当たり前になっていると、

すごく帰りづらくなってしまうもの…。

 

 

一体どうしたらいいんでしょうか?

 

 

そこで今回は、

残業が当たり前になるのはなぜなのか

また、残業せずに帰るにはどうしたらいいのか

ご紹介します!

 

 

残業するのが当たり前になるのはおかしい!普通じゃない!

 

残業するのが当たり前になっているのって、

絶対におかしいし、普通じゃないんですよね。

 

 

普通だったら、自分の仕事が終わっているのなら、

定時で帰ってしまっても良いもの。

 

 

でもなぜか日本の社会では、残業するのが良い、

残業するのが当たり前、とされているんですよね…。

 

 

やっぱり日本の社会では、

先輩や上司、同僚が残業していたら、

それにならって自分も残業しなければいけない、

という風潮が出来てしまっているので、

残業が当たり前になってしまっているんです。

 

 

他の人を残して自分だけ先に帰るというのは、

あまり良くない、仕事に対して熱意がない

と思われる雰囲気が出来上がっているのも、

残業が当たり前になっている理由でしょう。

 

 

でも、意味もなく残業したりするのって、

本当にバカバカしいし、早く帰りたい日だって

ありますよね。

 

 

それでもやっぱり、他の人が残っていると、

帰りづらい雰囲気になってしまうもの…。

 

 

一体どうすれば残業せずに帰ることが

出来るんでしょうか?

 

 

ということで続いては、

当たり前になってきている残業を回避するには、

どんな対処法があるのかをご説明します。

 

 

残業が当たり前になる雰囲気ってどうなの?正しい対処法は?

 

残業がたとえ当たり前になってきたとしても、

自分の仕事が終わっているのでしたら、

定時でキッパリと上がって帰ってしまいましょう!

 

 

それが一番の対処法ですよ!

 

 

確かに他の人が残っていると、

ちょっと帰りづらい気持ちにもなりますが、

ここは思い切って、『お疲れ様です!』と言って、

早々に帰ってしまいましょう。

 

 

そして、もし上司や先輩から、残業を頼まれたら、

『今日はちょっと急ぎの用事があるのですみません』

言って、帰ってしまうのが良いでしょう。

 

 

また、万が一上司から、残業しないことを注意されたら、

『自分の仕事は終わっているし、残業すると疲れてしまい、

仕事に集中できなくなるので』と言うと良いですよ!

 

 

実際に、長時間仕事をしていると、

集中力が途切れてしまうということがあるんです。

 

 

そうなると逆に仕事の効率も悪くなるので、

その旨をハッキリと上司に伝えるように

してくださいね。

 

 

そうすれば残業しなくても

安心して帰ることができますよ!

 

 

やっぱり残業が当たり前の会社って

おかしいし、残業しないことを注意するのも、

ちょっとブラック企業の傾向があります。

 

 

そのため、これからは気後れすることなく、

堂々と定時になったら帰ってしまうことを

おすすめしますよ!

 

 

まとめ

 

 

残業が当たり前になってしまっているのは、

先輩や上司よりも先に帰るのはいけない、

という風潮があるからなんですよね。

 

 

でも、自分の仕事が終わっているのなら、

別に残業せずに帰ったって何の問題もないもの。

 

 

そのため、

ぜひ残業しなきゃいけない雰囲気があっても、

潔く定時になったら帰ってしまいましょう。

 

 

もし残業を頼まれても、用があると言って、

早々に帰ってしまうのが良いですよ!

 

 

残業が当たり前という雰囲気を壊すためにもぜひ、

思い切って帰ってしまいましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました