電車で電話ってイヤホンしてたら通話してもいいの?マナー的には!?

マナー・ルール

 

電車内イヤホンを使って電話していたら、

やっぱりマナー違反になるんでしょうか?

 

 

確かに電車内のマナーとしては、

通話はNGですよね。

 

 

ということは、イヤホンを使って

スマホで通話しているのもやっぱりダメ?

 

 

そもそもなぜ電車内で通話するのは

いけないんでしょうか?

 

 

今回はそんな、

電車内で電話するのがいけない理由と、

イヤホンで通話するのもNGなのか

解説していきます。

 

 

電車で電話がダメな理由って何?イヤホンで通話はどうなるの?

 

電車内で電話がダメな理由はやっぱり、

ペースメーカーをしている人への配慮と、

声の大きさですね。

 

 

電話をしていると、

人はどうしても声が大きくなってしまいます。

 

 

そのため、電車内では

電話をしてはいけないんですよ。

 

 

確かに、密閉された電車内という空間で、

大きな声で通話していたら、

やっぱり不快に感じますよね。

 

 

そのため、

電車内で通話をするのはマナー違反。

 

 

もちろんイヤホンを使っての通話であっても、

通話していることには変わりないので、

やっぱりマナー違反になってしまうんですよ!

 

 

ということで、

電車内ではたとえイヤホンを使っていても、

通話は絶対にしないようにしましょう。

 

 

もちろん普通に通話するのはNGだし、

通話でなくても、電車内で大声で話すことも

マナー違反になりますよ!

 

 

筆者も電車に乗っていて、大声で話している人がいて、

やっぱり不快な気分になったことがあります。

 

 

電車内では誰かに話す時も、なるべく

静かな声で話すようにすると良いですね。

 

 

そうすれば他の乗客に

迷惑をかける心配もないので安心ですよ!

 

 

電車で電話にどうしても出たい理由って?マナーとしてどうなの?

 

電車に乗っている最中に電話にどうしても

出たい理由は、仕事先や取引先の人、もしくは

家族から電話がきたからでしょう。

 

 

確かに仕事先の人から着信があると、

すぐに出ないといけない、という気分に

なりますよね。

 

 

でも電車に乗っている時に通話するのは

マナー違反なので、電車を一旦降りてから

通話するか、後でかけ直すなどするのがベスト。

 

 

もちろん先ほども説明したように、

イヤホンをしていても、電車内で通話するのは

絶対にダメですよ。

 

 

筆者も電車内で通話している女性に、

注意をしている男性を見かけたことがあります。

 

 

やっぱり電車内での通話は人を不快にさせるので、

くれぐれもしないようにしましょう。

 

 

マナーモードに設定しておくのも

忘れないでくださいね。

 

 

たまに電車に乗っていると、LINEの着信音

鳴っているのを耳にしたことがありますが、

あれも電車内にいる時は鳴らないように

注意しましょう。

 

 

電車内では誰もが極力不快な気分にならないように、

マナーをしっかり守っていくべきですね。

 

 

まとめ

 

 

電車内での電話は、

声がついつい大きくなってしまうため、

絶対に通話することはNG!

 

 

イヤホンをしていたとしても、

マナー違反になるのでダメなんですよ。

 

 

もし仕事先など大事な電話の着信があった場合は、

一旦電車を降りてから電話に出るようにしましょう。

 

 

もちろんスマホから音を鳴らすのは

基本的にマナー違反なので、LINEの着信音なども

鳴らないようにしておいてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました