洗濯機の寿命って何年ぐらい?臭いやカビが取れないともうダメ?

豆知識

 

洗濯機の寿命って

どのくらいなんでしょうか?

 

 

臭いやカビが取れないと、

もう使い続けることは出来ないのか、

やっぱり気になってくるもの!

 

 

でも出来れば、少しでも長く

洗濯機を使いたいですよね。

 

 

今回はそんな、意外と知られていない

洗濯機の寿命や、臭いが取れない場合は

もう買い替え時なのかどうかを紹介します。

 

 

洗濯機の寿命ってどれぐらいもつもの?カビがとれないのはどう?

 

洗濯機の寿命はだいたい

6年~8年くらいとされています。

 

 

ただし洗濯機のメーカーによっても、

多少寿命が異なってくる場合も!

 

 

でも、カビやその臭いが取れないとなると、

もう寿命がきている可能性が高いですね。

 

 

まだ寿命がきていない洗濯機なのでしたら、

洗濯槽を洗浄するクリーナーを使えば、

カビやその臭いなどは除去することが出来ます。

 

 

でも、クリーナーを使っても、

やっぱりカビ臭かったりする場合は、

もう寿命がきていることになりますね…。

 

 

カビが洗濯機の内部まで浸食してしまい、

完全にこびりついて取れない状態になっています。

 

 

そのままその洗濯機で洗濯を続ければ、

カビなどの汚れも、衣類に移ってしまうので、

洗濯物がクサくなることにも繋がるんですよ!

 

 

そうならないためにも、

カビやその臭いが取れなくなったら、

もう洗濯機の寿命がきたと判断して、

買い替えを検討しましょう。

 

 

ちなみに、我が家で使っている洗濯機は、

乾燥機機能付きだったのですが、

購入してから5年くらいで、乾燥機能が

完全に使えなくなってしまいました…。

 

 

やっぱり洗濯機の寿命って

そんなに長くないんですね…。

 

 

洗濯機の寿命年数って?気になる平均と買い替えの目安!

 

先ほども紹介しましたが、洗濯機の寿命年数は、

平均で6年~8年くらいですね。

 

 

ただしこの年数が経っていたとしても、

臭いなどもなく、普通にきちんと洗濯出来るのでしたら、

まだ買い替えなくても良いでしょう。

 

 

ただし、以下の様子が見られた場合は、

買い替えするようにしてください。

 

 

洗濯機から焦げくさい臭いがする

 

 

買ってから6~8年経っている洗濯機から、

焦げくさい臭いがするのでしたら、

洗濯機内部の部品が劣化してしまっている

可能性があります。

 

 

そのまま使い続けると非常に危険ですし、

途中で洗濯機が止まってしまうこともあるので、

買い替えをするようにしましょう。

 

 

操作パネルが反応しない

 

 

操作パネルが全く反応しない場合や、

反応が遅い場合も寿命がきているので、

買い替えるようにしましょう。

 

 

やっぱり洗濯機は使いづらくなったら、

寿命がきているという証拠なんですね。

 

 

運転が止まってしまう

 

 

洗濯途中なのに運転が途中で止まってしまう場合も、

もう寿命がきてしまっているということですね。

 

 

完全に寿命がくると、本当に全く動かなくなるので、

そうなる前に買い替えをした方が良いでしょう。

 

 

電気コードが発熱したり変色する

 

 

洗濯機本体ではなく洗濯機の電気コードが

発熱したり、変色してしまう場合も、

寿命がきているという証拠です。

 

 

そのまま使い続けると

火災に繋がる可能性もあるので、

早めに買い替えた方が良いですよ!

 

 

以上が洗濯機の寿命がきたかどうかの

判断基準です。

 

 

ぜひこれらの判断基準を参考にして、

洗濯機の買い替えを考えてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

 

洗濯機の寿命はメーカーにもよりますが、

だいたいは6~8年くらいとされています。

 

 

カビの臭いが取れなかったり、

焦げくさい臭いがしたり、運転が途中で止まる

電気コードが発熱するなどの異常が見られた

場合は、もう寿命がきているので、

買い替えるようにしましょう。

 

 

そのまま使い続けると、

完全に洗濯機が使えなくなったり、

火災に繋がる場合もあるので、

くれぐれも注意してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました