バナナの保存は保冷バッグで!?いつでも美味しく食べられる!?

子育て

 

バナナの保存保冷バッグですると

良いって本当なんでしょうか?

 

 

でも、バナナってそのまま置いておくと、

すぐに傷んできてしまうから、少しでも長く

保存できる方法を知りたいですよね!

 

 

そうすればいつでも

鮮度の良いバナナを食べられるもの。

 

 

ということで今回は、

バナナの保存は保冷バッグですると良いのか

バナナを少しでも鮮度を保って保存するには

どうすれば良いのかを紹介します!

 

 

いつでもすぐ食べたい!常温でバナナを保存するならアルミホイルで!?

 

バナナの鮮度を守って保存したいなら、

まずバナナを1本ずつバラバラにしてから

保冷バッグに入れ、ファスナーを閉じて

冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう!

 

 

すると、バナナの鮮度を保ったまま

保存することが出来るので、

とってもおすすめなんですよ!

 

 

保冷バッグに入れておけば、バナナは

冷蔵庫に入れても、黒く傷んでしまう

心配もないのでとっても安心です。

 

 

ぜひお試しくださいね!

 

 

また、バナナを常温で保存しておきたい時は、

バナナを一本ずつバラバラにしてから、

房の部分、つまりバナナの茎の部分を

アルミホイルで包みましょう。

 

 

するとバナナを傷ませてしまうエチレンガスの

放出が抑えられるので、バナナを常温で

置いても、傷みにくくなるんですよ!

 

 

ちなみに、よりバナナを長持ちさせたい場合は、

バナナをアルミホイルで全体を包んだら、

冷蔵庫の野菜室に入れて保存しておきましょう。

 

 

すると先ほど紹介した、

保冷バッグに入れた状態と同じになるので、

皮が黒くなることもなく、鮮度を保って

保存が出来ますよ。

 

 

保冷バッグに入れた場合でも、

アルミホイルに包んだ場合でも、バナナは

常温ではなく冷蔵庫に入れて保存しておけば、

約1週間は鮮度を保つことが出来るので

ぜひ覚えておいてくださいね!

 

 

これなら1か月でも大丈夫!?バナナの長期保存には冷凍がいいの!?

 

バナナをより長く保存したいなら、

バナナを冷凍保存するのがベスト!

 

 

まずバナナの皮を剥き、一口サイズにカットしてから、

重ならないようにフリーザーバッグに入れて、

空気を抜いて密封しておいてください。

 

 

そしてそれを冷凍庫の中に入れて凍らせれば、

最長でバナナは1ヶ月は保存することが

出来ますよ!

 

 

冷凍保存しておいたバナナを食べる時は、

食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍すると

良いですね。

 

 

また、凍ったままのバナナをミキサーに入れて、

牛乳か豆乳と混ぜれば、美味しいバナナシェイク

完成しますよ!

 

 

バナナって冷凍した方が

かなり長持ちするんですね!

 

 

あなたもぜひ、バナナを長期保存したい場合は、

保冷バッグやアルミホイルを活用して

バナナを冷蔵保存するか、バナナを冷凍保存して

長期間鮮度を保っていきましょう!

 

 

まとめ

 

 

バナナの鮮度を守って保存していくには、

保冷バッグにバナナを入れて、保冷バッグごと、

冷蔵庫の野菜室に入れておけばOK!

 

 

もしくは、常温で保存したい時は、

バナナの房部分に、アルミホイルを

巻いておくと良いですよ。

 

 

更に長期間バナナの鮮度を保ちたいのなら、

バナナの皮を剥いて輪切りにカットした後、

フリーザーバッグに入れて冷凍保存するのがベスト。

 

 

そうすれば1ヶ月は鮮度を保てるので、

ぜひバナナをよく食べるのでしたら、

試してみることをおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました