輪ゴムの耐熱温度って何度なの?電子レンジに入れても大丈夫?

豆知識

 

輪ゴム耐熱温度って

何度なんでしょうか?

 

 

電子レンジに輪ゴムを

入れてしまっても大丈夫なのかも、

やっぱり気になりますよね。

 

 

でも確かに輪ゴムって

意外と耐熱温度が分からないもの…。

 

 

そこで今回は、意外と知られていない、

輪ゴムの耐熱温度をご紹介!

 

 

輪ゴムをレンジに入れても良いか迷った時の

ためにも、ぜひ覚えておくようにしましょう。

 

 

輪ゴムって何度まで耐えられる?電子レンジに使っても平気?

 

結論からいうと、

輪ゴムは電子レンジに入れてはいけません。

 

 

というのも、輪ゴムの耐熱温度は

基本的には約80℃

 

 

そのため、電子レンジに輪ゴムを入れてしまうと、

レンジはだいたい140℃くらいまで

温度が上がってしまうので、

輪ゴムはちぎれるか溶けてしまうんですよ!

 

 

ということで、電子レンジには絶対に、

輪ゴムを入れないようにしましょう!

 

 

何かパンやお惣菜を温める時は、

必ず輪ゴムを外してレンジで加熱をすると

良いですよ。

 

 

そうすれば安全に加熱することが出来ます。

 

 

やっぱり、電子レンジに

輪ゴムを入れてはいけなかったんですね…。

 

 

うっかり輪ゴムをレンジに入れて加熱してしまい、

輪ゴムがちぎれたくらいでしたらまだ良いですが、

輪ゴムが溶けてしまったら、レンジ内の

ターンテーブルにこびりついてしまう場合も!

 

 

そうなったら取り除くのが大変ですよね…。

 

 

ということで絶対に輪ゴムは、

レンジで加熱しないように注意してくださいね!

 

 

輪ゴムの耐熱温度は低い、ということを

覚えておくようにしましょう。

 

 

輪ゴムが溶けるのは仕方ない?溶けたものはどうすればいいの?

 

輪ゴムをうっかりレンジで加熱してしまい、

レンジのターンテーブルに溶けてこびりついて

しまった時は、輪ゴムが冷えるのを待ってから、

消しゴムを使うのが良いでしょう。

 

 

文字を消すのと同じ要領で、

消しゴムで溶けた輪ゴムをこすっていけば、

輪ゴムを剥がすことが出来ます。

 

 

ただし、消しゴムでこすって溶けた輪ゴムが

剥がれても、その跡が残ってしまう

可能性があります。

 

 

その際は、メラミンスポンジを使って、

跡をこすり落としていくと良いですよ!

 

 

メラミンスポンジに水を含んで硬く絞り、

輪ゴム跡をゴシゴシとこすっていきましょう。

 

 

そうすれば、

跡もキレイに落ちてとっても安心です。

 

 

ということで、輪ゴムが溶けてしまった時は、

ぜひ消しゴムメラミンスポンジを使って、

こびりついた部分をキレイにしていきましょう!

 

 

案外簡単な方法で、溶けた輪ゴムって

剥がすことが出来るんですね。

 

 

でも、やっぱり輪ゴムをレンジで加熱しないことが

大切なので、なるべくは輪ゴムをレンジに

入れないようにしてくださいね!

 

 

まとめ

 

 

輪ゴムの耐熱温度は

基本的に80℃とされています。

 

 

そのため、100℃を超えるレンジにかけると、

溶けたりちぎれたりしてしまうんですよね。

 

 

ですから輪ゴムは絶対にレンジに

入れないようにしましょう。

 

 

もしうっかりレンジに輪ゴムを入れて、

溶けてしまった場合は、消しゴム

メラミンスポンジを使って、ターンテーブルに

こびりついた輪ゴムを落としていくと良いですよ!

タイトルとURLをコピーしました