花火の煙は有害なの!?吸い込まない様にした方がいい?

豆知識

 

花火の煙って有害なんでしょうか?

 

 

家の庭や玄関先で花火をするのって、

子供やペットが煙を吸い込んでしまう可能性が

高いから、やめておくべきか迷いますよね…。

 

 

でも実際のところ、

家庭用の花火もやっぱり害があるもの?

 

 

今回はそこで、花火の煙は有害なのか

家で花火を楽しむのは控えた方が安全なのか

解説します。

 

 

花火は人間だけじゃなく動物にも影響があるってホント?

 

花火の煙、特に花火大会などで

打ち上げられるような大玉の花火には、

ダイオキシンをはじめ、過塩素酸塩や、

硝酸バリウムなど、有害な物質

含まれています。

 

 

そのため、花火を打ち上げることで、

鳥など野生の動物がこれらの煙を吸ってしまい、

健康に悪影響を及ぼす可能性もあるんですよ。

 

 

また、打ち上げ花火の場合は、

打ち上げられた際の騒音によって、

犬や猫などの動物に大きなストレスを

与えてしまう場合も!

 

 

ですから極力は花火大会には、

ペットを連れて行かない方がストレスを

与えないで済むんですよ。

 

 

確かに、大きな音が鳴ると、

犬や猫はビックリしてしまいますよね…。

 

 

我が家にも飼い猫がいるのですが、

やっぱり近所の球場で、花火が打ち上がると、

すごくびっくりすることがあります。

 

 

花火って意外にも煙や音が動物にとって、

ものすごく有害だったんですね!

 

 

もちろん人間も、打ち上げ花火の煙を

たくさん吸い込んでしまえば、肺など

呼吸器官に悪影響を及ぼす可能性も

考えられます。

 

 

でも、花火大会などで離れて花火を

見ている分には、人間には特に害はないし、

そこまで悪影響を及ぼすことはないので、

どうか安心してくださいね!

 

 

では、家庭用の花火だと

一体どうなんでしょうか?

 

 

続いては家庭用の花火も有害なのか、

悪影響があるのかどうかを紹介します。

 

 

花火は環境に悪いの?家で楽しむのも控えるべき?

 

花火の煙は確かに有害であり、環境に悪い成分が

含まれるのですが、家庭用花火でしたら、煙には

そこまで多くの有害な物質は含まれていません。

 

 

そのため、

家庭用の線香花火など手持ち花火でしたら、

少量の煙を子供やペットが吸い込んでしまっても、

それほど有害ではないので安心しましょう。

 

 

ただし環境のためにも、花火を遊んだら、

きちんと水で濡らして完全に消火してから、

地域のゴミ分別表通りに分別して捨てること!

 

 

安易に燃えるゴミとして捨ててしまうと、

ゴミ処理の際に火花が飛び散る可能性もあり

非常に危険です。

 

 

そのため、くれぐれも花火はきちんと

火の始末をしてから、正しい分別方法で

捨ててくださいね。

 

 

また、河原や海辺、公園などで花火を楽しむ

場合には、必ず遊んだ花火は全て持ち帰り、

ゴミを残していかないようにしましょう。

 

 

花火の煙よりも、花火を楽しんだ後の

ゴミを放置してしまうことの方が、

ずっと環境に悪いので、くれぐれもマナーを

守って、花火で遊んでくださいね!

 

 

そうすれば花火で環境汚染をしてしまう

心配もありませんよ。

 

 

まとめ

 

 

花火の煙には確かに有害な成分が

含まれていますが、花火大会では

遠く離れていれば煙を吸うことはないですよ。

 

 

ただし大きな音で動物たちが驚いてしまうので、

花火大会にはペットは連れて行かないのがベスト。

 

 

家庭用花火でしたら、煙に含まれている

有害な成分は微量なので、

子供やペットがいても安心して遊べます。

 

 

ただし後始末やゴミ捨ての分別は

きちんとしておくようにしましょう。

 

 

そうすれば、より安心して

花火を楽しめますよ!

タイトルとURLをコピーしました