夏なのにスーツって正気の沙汰じゃない!暑いのにまだ続けるの?

豆知識

 

なのにビジネスマンは

スーツを着なければいけないって、

本当に大変だしツラいですよね!

 

 

日本の夏は年々、酷暑になっているのだから、

もう少し配慮をしてほしいもの。

 

 

本当にスーツのまま、夏を迎えると思うと、

嫌になってくるビジネスマンも多いでしょう…。

 

 

そこで今回は、

夏なのにスーツを着るのは普通のことなのか

どうにかして夏場はもっと涼しい格好が

出来ないものかをご紹介していきます!

 

 

夏にスーツは暑苦しい!見ている方だって暑いと感じているはず!

 

夏なのに暑苦しいスーツ姿のビジネスマン

いると、それを見ている方も当然、

ものすごく暑苦しいと感じてしまいます。

 

 

そもそも日本のビジネスシーンだけが、

酷暑の中でもスーツ着用が一般的なので、

海外からはやっぱり、日本はおかしい

思われたりしているんですよ…。

 

 

筆者自身も暑がりだし夏はとっても苦手なので、

やっぱり夏なのにスーツ姿のビジネスマンを見かけると、

すごく大変そうだな、と感じてしまいます。

 

 

どうしても日本では季節を問わず、

ビジネスシーンでは男性は、スーツを着て

ネクタイを締めないといけないので、

やっぱりものすごくキツいんですよね…。

 

 

でも筆者もやっぱり、季節に応じた

服装をすべきだと思っています!

 

 

そのため、夏場の長袖スーツは

やっぱりおかしい日本の風習、というように

とらえてしまって良いでしょう。

 

 

筆者は以前、夏場に結婚式

出席したこともありますが、その時も

男性陣はフォーマルなスーツ姿だったので、

すっごく暑そうでしたよ。

 

 

ということで、

夏場のビジネスシーンであっても、

フォーマルシーンであっても、

男性は半袖の衣類を着用して良い、

という風習にしていくべきですね。

 

 

そうしないと、本当に男性陣は

ビジネスシーンやフォーマルシーンで、

熱中症になってしまう確率もあるので、

ぜひもっと日本全体で、意識して快適な

服装をしていくのが良いでしょう。

 

 

といっても、やっぱりまだ日本では、

ビジネスシーンとフォーマルシーンでは、

長袖スーツが常識的ですね…。

 

 

ということで続いては、

暑い時期はどうすれば快適な格好を

することが出来るのか、工夫の仕方を

解説します。

 

 

夏なのに長袖を着るのは日本だけ?もっとクールビズを進めたい!

 

夏なのに長袖スーツを着るのは、

先ほども紹介したように、

基本的に日本だけなんです…。

 

 

海外では暑い時期ではきちんと、

それなりに涼しい格好をするものですよ。

 

 

でもやっぱり、

日本では長袖スーツを着るのが常識、

とされているので、夏場になったら

ぜひ勤務先の会社に、クールビズ

進めていくように提案しましょう!

 

 

誰かが声をあげれば、

賛同してくれる男性陣は多いですよ!

 

 

他のビジネスマンも毎年、

暑い思いをしているのですから。

 

 

ということでクールビズが進むように、

勤務先の会社の労働環境に携わる部署に、

掛け合ってみることをしてみてください。

 

 

それでももし、どうしても

クールビズが進まないようでしたら、

夏なのに長袖シャツを着るのはやっぱり

キツいので、スーツの下は半袖のワイシャツ

着ていきましょう。

 

 

また、夏仕様のサマージャケット

購入すると良いですね。

 

 

夏ごろにスーツ専門店に行けば、

夏仕様になっている、着用してもそんなに

暑くない素材のスーツが売られるようになります。

 

 

それらを着用していき、どうにか日本の

酷暑を乗り越えていきましょう!

 

 

まとめ

 

 

夏なのにスーツを着る、というのは

一般化されているけれど、やっぱりすごく

おかしいし、季節に応じた格好をしていないもの。

 

 

そのため、勤務先の会社に労働環境改善を

相談できる部署があるなら、そこにクールビズを

進めることを掛け合ってみましょう。

 

 

それでもダメな時は、夏仕様のスーツ

着るなどして、少しでも涼しく快適な

格好をしていくと良いですよ!

タイトルとURLをコピーしました