スープジャーでパスタに挑戦!失敗しないためにできること!

豆知識

 

スープジャーパスタを入れた時に

失敗しないためには、一体どうすれば良いもの?

 

 

普通にスープジャーを温めてパスタとソースを

入れてしまうと、失敗してパスタが溶けたり、

ぶよぶよになってしまうことがあります…。

 

 

そうならないためにも、スープジャーに

パスタを入れるには、ちょっとした工夫が必要。

 

 

今回はスープジャーでパスタを入れた時に、

失敗しないための方法を詳しく紹介します!

 

 

スープジャーでパスタが溶ける!失敗の原因はなに?

 

スープジャーにパスタを入れた時にパスタが溶けて、

失敗してしまうのは、パスタを表示されている時間まで

茹でてしまったか、もしくはスープジャーを

温めてしまったことによるもの。

 

 

パスタを表示時間までしっかり茹でてから、

スープジャーに入れると、スープジャーの

保温機能によって、パスタが溶ける、もしくは

ぶよぶよになる、ということがあるんです…。

 

 

また、スープジャーにパスタとソースを入れる前に、

熱湯を入れて温めておいてしまう場合でも、

スープジャーが熱を持った状態になるので、

パスタが溶ける可能性があるんですよ。

 

 

やっぱりパスタをスープジャーに入れて

持って行く場合は、普通にスープジャーを

使うのはNGなんですね!

 

 

のびたり溶けたりぶよぶよになってしまった

パスタは、できれば食べたくないもの。

 

 

そこでやっぱりパスタをスープジャーに入れて

持って行く場合は、ちょっとした工夫をしなければ

いけないんです。

 

 

そうしないと失敗して美味しくないパスタを

食べることになるので、くれぐれも

注意していきましょうね!

 

 

ということで続いては、

スープジャーにパスタを入れても、美味しく

食べることができる方法を伝授します!

 

 

スープジャーでパスタが上手にふやける最適な方法とは?

 

スープジャーにパスタを入れた時に、

適度にふやけるようにするには、

熱湯で温めたスープジャーに、ソースと

ゆでていないパスタを入れるようにしましょう!

 

 

そうすればスープジャーの保温効果によって、

パスタはランチタイムには適度にふやける

状態になっているので、安心して美味しく、

失敗することもなく食べられますよ。

 

 

ロングパスタの場合は

スープジャーに入る大きさに折ってから、

スープジャーに入れていくと良いですね!

 

 

ショートパスタなら、そのままスープジャーに

熱々のソースと一緒に入れて、フタをして

保温しておけばOKですよ。

 

 

もしくは、スープジャーは温めず、

温めたパスタとソースを入れていきましょう。

 

 

熱湯を入れてスープジャーを温めてしまうことで、

中のパスタに過剰に熱が加わり、

ふやけるようになってしまいます。

 

 

そこで、スープジャーは熱湯で温めずに、

そのまま熱々のソースと茹でたパスタを

入れておくようにしてくださいね。

 

 

すると、パスタがぶよぶよにふやける

心配もないので、とっても安心です。

 

 

スープジャーにパスタを入れたい場合は、

以上のようなちょっとした工夫をしていけば

OKなので、ぜひお試しくださいね!

 

 

まとめ

 

 

スープジャーにパスタを入れる場合は、

失敗しないように、パスタは茹でずにスープジャーに、

熱々のソースと一緒に入れるようにしましょう。

 

 

もしくは、スープジャーを熱湯で温めずに、

そのままの状態で、ソースと茹でたパスタを

入れておけば、のびる心配もないので

おすすめですよ!

 

 

ぜひランチに温かいパスタを食べたい時は、

試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました