ロングスカートで自転車は危ない?汚れたり事故になる可能性も!?

豆知識

 

そよ風が気持ちいい日・・

ちょっとお出かけしたくなります。

 

 

こんな日は、

可愛らしいロングスカートを穿いて

オシャレに過ごしたいですね。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

 

ロングスカートを履いて自転車

乗ろうと考えていませんか??

 

 

普段から自転車に乗り慣れているから大丈夫。

今までもロングスカートを履いて自転車に

乗っていたから大丈夫。

そんな風に思っているかもしれません。

 

 

せっかくのお出かけなのに、素敵な

スカートを汚してしまったり、危険な事故に

遭ってしまっては元も子もありません。

 

 

例え普段から自転車に乗り慣れている方だとしても、

ロングスカートを穿いて自転車に乗ることの危険性

私の実体験と共にお伝えしたいと思います。

 

 

ロングスカートは自転車で巻き込みの事故が起こるかも!

 

ロングスカートを穿いて自転車に乗ると、

どんなことが起きると思いますか?

 

 

映画やドラマの中で、風になびく

スカートの場面が思い浮かぶと思います。

 

 

ですが、そんな美しくドラマチックな

現実ばかりではありません。

 

 

ここではロングスカートを穿いて

自転車に乗る危険性について、

私が実際に経験したことを元にお伝えします。

 

 

ロングスカートで自転車に乗ると

いけない理由は3つあります。

 

 

まず1つ目は、「スカートの汚れ」です。

 

 

立ち姿勢の時点で足首丈の長さである

ロングスカートは、自転車のサドルに

座った途端、地面まで垂れ下がってしまいます。

 

 

せっかくオシャレをしたにも関わらず、

気づいたらスカートの裾が真っ黒に!という

事態になりかねません。

それはとても悲しいですよね。

 

 

2つ目は、

「スカートの巻き込みの危険性」です。

 

 

これは私自身が経験してしまいました。

 

 

我が家は駅から少し離れた所にあります。

歩けなくはないけれど歩くと17分あります。

 

 

自転車であればたった5分で駅に到着するため、

その日も短時間だし大丈夫と思っていました。

 

 

普段と同じように自転車を漕ぎ、

もうすぐ交差点というところに、

風になびかれたスカートがなんと後輪に

巻き込まれ、後ろから身体全体が急に

引っ張られたような衝撃が走りました。

 

 

慌ててブレーキを踏み恐る恐る振り返ると…

私が大切にしていたロングスカートは

破れていました。

 

 

信号の手前だったためゆっくりスピードだったことが

功を奏し、私は大事に至らずすみました。

 

 

ですが、あやうく転倒するところでした。

万が一下り坂でスピードを出していたら…

もし転倒してしまっていたら…

と考えると非常に恐ろしいです。

 

 

3つ目は、

「スカートに気を取られて運転しづらくなる」ためです。

 

 

ロングスカートを穿いたまま自転車を運転する際は、

座る際に少しでもスカート丈を短くしようと

スカートを捲り、折り込むかと思います。

 

 

ところが、自転車を運転していると折り込んだはずの

スカートが気になって仕方ないのです!

 

 

いつものペダルが踏みづらくなったり、

スカートの位置がズレることを気にしてしまったり…

注意散漫なままの運転ほど危ないものはありません。

 

 

やはり、自転車に乗る際は

動きやすい格好が1番です。

 

 

ロングスカートで自転車は危ないからダメ?汚れない安全の対策は?

 

ロングスカートを穿く日は絶対に

自転車に乗らないことが一番です。

 

 

それでも自転車に乗らなくてはいけない日も

あるかもしれません。そんな日はせめて足元を

スニーカーにすることをオススメします。

 

 

スニーカーであれば、万が一自転車が

転倒しかけたとしてもバランスを

取りやすくなります。

 

 

間違っても、ヒールはやめた方が良いでしょう。

万が一の際にバランスを崩してより酷い事故に

なってしまうかもしれません。

 

 

私がスカートの巻き込み事故に遭った際、

私はスニーカーを履いていました。

 

 

そのため、スカートが巻き込まれ

ガクンという衝撃を受けた際にすぐ、

ブレーキを踏みバランスを取ることが

出来たおかげで転倒しなかったと思っています。

 

 

巻き込まれた時の衝撃は想像以上です。

 

 

ヒールではバランスを取ることが非常に

難しいので、繰り返しとなりますが絶対に

スニーカーを履いてくださいね。

 

 

ロングスカートを穿きたい、そして足元は

ヒールが良い!という日は、自転車に乗る時だけ

動きやすい格好にし、後でロングスカートや靴を

履き替えられるよう着替えを持っておく

便利かもしれません。

 

 

まとめ

 

さて、ロングスカートを穿いて自転車を

運転することの危険性についてご理解

いただけたでしょうか?

 

 

私の実体験と元にお伝えしましたが、

その怖さは伝わったでしょうか?

 

 

私はその後、ロングスカートを穿いて自転車に

乗ったことは1度もありません。

 

 

もちろん、たまには

「歩くのが大変だから自転車で行こうかな」

と思う日もあります。

 

 

ですが、スカートの巻き込まれた日のことを

思い出すと、やはり止めようと思い直します。

 

 

なぜなら、巻き込まれた際の衝撃の大きさや、

裾が破れたスカートを車輪から取り外す際の虚しさ、

トボトボと家に戻って着替えなくてはならない

大変さなど、あまり思い出したくないものだからです。

 

 

それだけとても怖い体験でした。

 

 

あなたにはそのような経験をして

欲しくないと思います。

 

 

なので、「今日だけだから大丈夫!」や

「いつも大丈夫だから」という理由をつけて

自転車に乗ろうと考えているとしたら、

絶対にオススメしないので今一度考え直して

みてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました