納豆嫌いを克服する方法ってあるの?食べやすくなる工夫とは!?

豆知識

 

納豆って、好き嫌いが大きく分かれる

食べ物ですよね。ぶっちゃけ、

食べなくても生きてはいけます。

 

 

でも、納豆って身体に良い成分がたっぷりで、

血栓予防の効果も期待できるとか…。

食べられるんであれば、食べられた方が

良い気がしますね。

 

 

私の夫も納豆が嫌いで、私と結婚するまで、

いっさい手を付けなかったんです。

 

 

でも、子どもたちが美味しそうに納豆を

食べているのを見て、なんか羨ましくなったようで、

急に「納豆食べられるようにする!」と

言い出しまして…。

 

 

そんな夫の納豆嫌いを克服した方法で、

効果的だったのは、

 

・キムチを混ぜる

・からしマヨネーズを加える

 

この2つでした。

 

 

そのまま食べてくれたら楽ですが、

無理そうなので、とにかく、納豆の臭い、

食感を感じなくする方法を考えて、

上記の2つが、ヒットしたようです。

 

 

夫いわく、キムチの臭いで、納豆の臭いが

ごまかされるし、キムチの食感で、納豆の

ねばねばが軽減されるとのことです。

 

 

からしマヨネーズは、見た目が納豆っぽく

なくなるのが最大の利点だそうで、味も臭いも

かなりマシになると言っていました。

 

 

努力の甲斐あって、夫も「納豆大好き!」とまでは、

いかないようですが、出されれば食べられる

レベルにはなりましたね。

 

 

ほかに、塩もみしたキュウリを加えることで、

食感が良くなって食べられた!という人もいました。

スクランブルエッグに混ぜたりしている人も

いましたね。

 

 

納豆好きな人間からしたら、普通に付属のたれや、

醬油だけで食べるのが1番美味しいって思いますが、

それは、嫌いな人にはハードルが高いんですよね。

 

 

なので、納豆嫌いを克服したい人は、

まずは、これなら食べられる!という方法を

探しましょう。

 

 

お料理サイトなんかを見ると、

納豆嫌いさんのための納豆レシピなんかが

いろいろ載っているので、参考にしてみるのも

良いと思いますよ。

 

納豆嫌いになった理由は?臭い?ねばねば?どうしても嫌なところ!

 

納豆を嫌いになった原因ですが、

食わず嫌いと言う人が多い印象ですね。

 

 

私の夫も、まず義母が納豆嫌いで、

実家では食卓に上ることがなかったんだそうで、

何度か食べてみようと試みたそうですが、

ダメだったようで。

 

 

口に入れても、

飲み込むことができなかったと…。

 

 

納豆の見た目、臭いは破壊力が強くて、

どうしても、口に入れる勇気が出ないんだそうです。

 

 

ネットの情報を見て、納豆嫌いの人でも食べやすい、

メーカーの納豆を試したりもしましたが、

正直変わらない…と言っていました。

 

 

人によっては、あんなの食べ物じゃない

言う人まで…。

 

 

なので、やっぱり、納豆嫌いな人が、

納豆を食べられるようにするには、

そこをカバーしなければいけないわけですよ。

 

 

とにかく、「納豆は食べ物じゃない」という

認識から、「美味しくはないけど、食べられる」

変えることが大事なのです。

 

納豆なんて食えない!悲痛な叫びに朗報!克服できる裏技とは!?

 

さて、最初に私の夫が納豆を食べられた方法を

紹介しましたが、それでも完全に粘り気と臭いが

除去されるわけではないので、これでも無理な人も

いるようです。

 

 

私の夫も、「美味しいとは言えない…」と

言っていたので。

 

 

そういう、どうしても無理!って人は、

カレーに入れちゃいましょう!

 

 

え、カレーに納豆なんて、どうなの?って思います?

これがですね、意外や意外、美味しいのですよ。

某カレー専門店にも、メニューにあるくらいですからね。

 

 

私は、普通に納豆を食べられるので、

だからこそ、逆にカレーに入れるのは

抵抗があったんです。

 

 

でも、試しに入れてみたら、

これが、美味しくて。

 

 

家でも家族に出してみたら、大好評。

納豆嫌いの夫も、美味しいと言って

食べていました。

 

 

カレーのおかげで、納豆の臭いも

ほとんど消えるし、ねばねばも、

まったく気にならないとのこと。

 

 

さらに、我が家では、カレーにはチーズ

入れるんですが、それによって、更に納豆っぽさが

減少します。

 

 

まぁ、納豆の栄養成分のナットウキナーゼは、

熱を通してしまうと栄養効果がなくなるとか

言われます。

 

 

でも、とにかく、克服をすることが目的なので、

そこは、後から考えましょう。

 

 

ただ、入れるものを変えたりするだけでは、

納豆を克服できなかったという人は、

だまされたと思って、納豆カレー、

ぜひ試してみてください♪

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

納豆嫌いの克服は、叶いそうでしょうか?

 

 

納豆嫌いだからって、生活に困ることはないし、

生きていけないものでもないですから、

あえて、克服しようと思っている人も少ないはず。

 

 

でも、健康に悪いものじゃなく、

むしろ、健康に良いというのも事実です。

 

 

まずは、克服しようと思う気持ちを

持てたことを、誇りに思いましょう。

 

 

そして、何度も言いますが、まずは、

好きになるより、納豆を食べ物と

認識することが先決です。

 

 

味がわからない状態でも、食べられれば、

それで克服したということになります。

 

 

そこから、少しずつ、キムチとかに混ぜたり、

マヨネーズ入れてみたりと、段階を踏んでいって、

最終的に普通に食べられる状態になれば

ラッキーくらいの気持ちで進めていくのが、

良いと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました