風船が割れる理由はコレ!バルーンアートを長く楽しむコツとは!?

豆知識

 

風船が割れる理由って

具体的に何なのでしょうか?

 

 

バルーンアートをしたくても、

風船が急に割れると、すっごいビックリするし

子供も残念がってしまいますよね…。

 

 

今回はそこで、

バルーンアートを長く楽しむためにも、

風船が急に割れる理由や、風船が勝手に

割れるのを防ぐには、一体どうしたら良いのか

解説していきます!

 

 

風船が急に割れるのはナゼ!?ゴムの状態を見極めよう!

 

風船が急に割れるのは、

以下の理由があるからなんですよ!

 

 

外からの刺激

 

 

風船が急に割れるのは、

外部から強く刺激を与えてしまうため。

 

 

でもバルーンアートを楽しみたい場合は、

どうしても風船をねじったり折ったりして、

刺激を与えてしまうことがあるもの…。

 

 

バルーンアートをするのでしたら、

割れにくい素材の風船を選ぶと良いですね!

 

 

割れにくい素材の風船に関しては、

後ほど詳しくご説明していきます。

 

 

化学反応

 

 

風船に油性ペンで文字やイラストを描くなどすると、

油性ペンに含まれる成分の化学反応によって、

風船が溶けて割れてしまうんです!

 

 

なので、風船に文字やイラストを描きたい場合は、

文房具店で風船用ペンを購入すると良いですよ!

 

 

空気の入れ過ぎ

 

 

風船は空気を入れ過ぎてしまうと割れるので、

パンパンになるまで膨らませるのはNG!

 

 

特にバルーンアートをする際に空気を

たくさん入れると、急に割れることもあるので

注意してくださいね。

 

 

気温が高い場所で風船を膨らませた

 

 

気温が高い場所や、電灯や暖房器具の近く

風船を膨らませると、熱によって膨張してしまい、

急に割れることがあるんです…。

 

 

熱によって風船が膨張するって

かなり想定外ですね!

 

 

冬場はもちろん、夏場もバルーンアートを

する際は、温度管理を徹底しましょう。

 

 

長時間日光に当ててしまう

 

 

日光に風船を長時間当てると、

風船の素材が劣化して、膨らませた時に

急に割れることになってしまいます。

 

 

なるべく日光には

当てないように注意していきましょうね!

 

 

古くて劣化している風船を使ってしまった

 

 

購入してから年数が経ち、

劣化している風船を使ってしまうと、

膨らませた時に急に割れることがあります。

 

 

バルーンアートをする際は、

古い風船は使わないようにしてくださいね。

 

 

以上が風船が急に割れる理由なので、

バルーンアートをするなら

ぜひ覚えておきましょう!

 

 

風船が勝手に割れるのを防ぐ3つのポイント!

 

風船が勝手に割れるのを防ぐには、

以下のポイントを押さえていきましょう。

 

 

空気を入れ過ぎない

 

 

特に風船が勝手に割れるのを防ぐには、

空気を入れ過ぎないことが重要ですね。

 

 

空気を入れ過ぎてしまうと、

バルーンアートもしにくくなるので、

パンパンになるまで空気は入れないよう

注意しましょう。

 

 

新しくそして割れにくい素材の風船を使う

 

 

風船は新しく、そしてフィルム製や

ビニール製の素材の風船を選びましょう。

 

 

これらの素材の風船なら、外部からの

刺激にも比較的強いので、バルーンアートに

向いているんですよ!

 

 

風船って色んな素材があったんですね!

 

 

熱を加えないようにする

 

 

直射日光に当てないことはもちろん、

照明や暖房器具の近くで、風船を

膨らませないようにしてくださいね。

 

 

また、夏場にバルーンアートをする場合は、

冷房が効いた室内で作ると良いでしょう。

 

 

以上の3つが風船が勝手に割れるのを

防ぐためのポイントなので、ぜひバルーンアートを

する際には参考にしてくださいね!

 

 

まとめ

 

 

風船が割れる理由は外部からの強い刺激

空気の入れ過ぎ熱を加えたからなど…。

 

 

やっぱり風船ってデリケートだから、

バルーンアートを成功させるためには、

風船の取り扱いにも注意すべきなんですね!

 

 

風船が勝手に割れないようにするには、

空気の入れ過ぎや熱を与えないように注意し、

そして割れにくい素材の風船をチョイスしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました