公園での騒音に限界!体調不良も…これって通報していいレベル?

マナー・ルール

 

ここ数年くらい公園の騒音関係の

トラブルのニュースをテレビやネットで

目にすることが多くなってきていますよね。

 

 

公園ですから子どもが遊ぶのも当然だし、

ちょっとの音くらいならまだしも、一度うるさいと

思うと気になってしまうのもわかります。

 

 

騒音のせいで体調を崩してしまったり

することもあるでしょう。

 

 

通報をしてしまえば良いのかもしれないけど、

通報するレベルなのかどうか、またどこに

通報すればいいのか悩むところです。

 

 

昼間子どもが遊ぶ声や音は仕方ないとして、

主婦同士のおしゃべりや、高校生とかの

若い人たちの騒ぐ声は度を越えると辛いです。

 

 

体調を崩すくらい辛いのであれば、

通報というのも1つの手段ではあります。

 

 

とはいえ、実際に通報するとなると

ちょっと躊躇してしまいませんか?

ましてやどこに連絡をしたらいいのかも

わからないと思います。

 

 

騒音の度合いや緊急性があるものなど

パターンはいくつかあると思います。

 

 

警察公園を管理する機関(役所や管理会社)

通報や連絡を入れるようにすればOKです。

 

 

ここでは公園の騒音への対策

通報のやり方などを紹介していこうと思います。

 

 

公園での騒音が野放し!穏やかに過ごすための効果的な対処法とは!

 

公園の近くに住んでいると、

どうしてもある程度の音は仕方ないです。

しかし、度を越えた音は辛いものです。

 

 

新しく家を建てるのであれば予め、

防音対策を施した住宅にすればいいけど

賃貸や後から公園が出来たりしたら、

なかなか対策は難しいです。

 

 

少しくらいなら、昼間は好きな音楽をかけたり

すれば、気になりにくくなります。

 

 

度を越えている場合は、

自宅で出来る対策は少ないですよね。

 

 

わざわざお金かけて

防音施工するのも大変ですし。

 

 

どうしても我慢できない場合なのですが、

中には自分で文句を言いに行っちゃう

なんて人もいるかもしれませんが、

正直、それは得策じゃないです。

 

 

子どもの騒音であれば下手したら

不審者扱いされますし若者がうるさい時なんかは、

変なトラブルにも発展しかねません。

 

 

我慢できない度を越えた騒音や夜間騒ぐ

若者がいる場合は、しかるべきところに

「通報」をして対処をお願いするのが

一番安心だし確実です。

 

 

じゃあ、どこに通報するのがいいのかを

次に紹介していきますね。

 

 

公園の騒音苦情はいったいどこにしたらいい?匿名で通報が無難?

 

夜中に若者が騒ぐ場合や危険を伴うなど

事件性がある場合は、警察に通報をしても

大丈夫です。

 

 

危険を伴う行為やかなりの騒音であれば、

110番でOKです。

 

 

繋がったら「騒音被害です」と伝えてください。

110番にかけると住所や名前を聞かれますが、

匿名での通報も可能です。

 

 

110番なら比較的すぐに対処をしてくれるので、

早く解決できるはずです。

 

 

どうなったか知りたい場合は

連絡先を伝えておくといいです。

 

 

名前を言ったとしても、相手に自分のことが

バレることはないので安心してください。

 

 

ただ、110番への通報は緊急性がある場合のみです。

判断が付かない場合は110番ではなく

警察専用電話#9110」か、警察署または交番に

直接相談をしてくださいね。

 

 

相談内容によっては、近隣のパトロールを

増やしてくれたりすることもあります。

 

 

昼間の子どもの声など事件性のない音など

緊急性のない場合は、公園を管理している

機関(役所や管理会社)に相談をしてみてください。

 

 

「騒音注意」などの張り紙などでの

対処をしたり、場合によっては防音壁の

設置なんかも検討してくれる可能性があります。

 

 

まとめ

 

 

公園は子どもも遊ぶし

近隣の住民の憩いの場でもあります。

 

 

個人的には公園があると知っていて

近くに住むのであれば、子どもの声や遊ぶ時の音、

多少の話し声なんかは仕方ない範囲です。

 

 

常識の範囲の時間、音であればあまりにも

神経質になるのはどうかな~と思いますが、

体調不良になってしまうほどの騒音なんかは

我慢をする必要はないです。

 

 

まずは相談という形で管理機関に

連絡をしてみてください。

 

 

警察への相談もことによっては必要になります。

緊急性がある場合や「すぐ」解決したい場合は

110番です。

 

 

110番の目安としては時間帯であれば

夜中~明け方の騒音、眠れないほどの爆音だったり、

長時間居座っているとか、また、ほぼ毎日のように

若者がたむろしているなどが通報の目安です。

 

 

うちの近くの公園もいっとき若者が

毎日のようにたむろして、騒いだり時には

爆竹のようなものを鳴らしたりもありました。

怖いので近隣のおうちの人も我慢をしていたようです。

 

 

でも、一度子どもが絡まれたこともあって、

その時に警察に通報をしたら、すぐに警察の人が

来てくれて対処をしてくれましたよ。

 

 

それ以来、定期的にパトロールもしてくれているようで、

今は若い子が集まることもなくなりました。

 

 

見るからに…という時や、これは危ないなと思う時は

110番はちょっと勇気がいるかもしれませんが、

迷わず通報をしちゃって良いと思いますよ!

 

 

若者がたむろしているところに、自分で

直接言いに行くことは危ないこともあります。

なので、直談判はできるだけ避けてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました