七五三の内祝いはどうしたらいい?本来はいらないってどういうこと?

子育て

 

お子さんの成長を祝う七五三

嬉しいですし節目といえますので、

祖父母からお祝いを頂くことが

あるかと思います。

 

 

ところでもしもあなたがお子さんの

七五三のお祝いを祖父母から頂いた時、

実は内祝いはしなくてもいいというのを

ご存知でしょうか。

 

 

これは七五三のお祝いというのは

「親ではなく子供に対して贈られたもの」

と考えられているからです。

 

 

しかし、

「おじいちゃん・おばあちゃんからせっかく

頂いたのだから、きちんと内祝いを返したい」

感じるのは自然といえますし、内祝いをするのが

失礼というわけではありません。

 

 

ただ経験がないと、

「七五三の内祝いの目安っていくら位なんだろう?

いつまでにしたらいいんだろう?」

疑問になるでしょうから、そんなあなたの為に

七五三の内祝いについてご紹介していきます。

 

 

七五三の内祝いの相場って?祖父母にはどんなお返しがいいの??

 

ではまず最初に七五三の内祝いの相場

ついて、お話していきます。

 

 

七五三の内祝いの相場は、

頂いた金額の1/3~1/2ほど

されています。

 

 

これを金額で例えるなら、

 

・3,000円頂いたら約1,000~1,500円

・5,000円頂いたら約1,500~2,500円

・10,000円頂いたら約3,000~5,000円

 

となります。

 

 

ただ状況によっては

「そんなに出せないかも」となるかもしれませんので、

そんな時はこれはあくまでも「相場」ですから

負担のない予算で構いません。

 

 

次に、「祖父母から七五三のお祝いを頂いた時

内祝いにどんなのを選んだらいいか」ですが、

無難といえるのはやはりお菓子の詰め合わせだと

思います。

 

 

お菓子の詰め合わせを選ぶ際は、必ず

 

・祖父母の好み

・量が少なめ

・出来るだけ日持ちする

 

物を選んでください。

 

 

これは祖父母2人だけで暮らしていると、

好みの物でないと手が出ないから食べずに

終わったり、2人だけだと量がそう減らない

場合が多いからです。

 

 

この点を考えて、もしもあなたが祖父母に

「七五三の内祝いを贈りたいけど好みが

分からないから食べ物は避けた方がいいかも」と

思ったら、タオル洗剤などを贈る方が普段使うので

「もらって困る」とはなりにくく、喜ばれやすいです。

 

 

またお菓子の詰め合わせや消耗品ではなくて、

祖父母が喜びそうな内祝いに

「お子さん(お孫さん)の七五三の記念写真」

があります。

 

 

最近は七五三の写真を写真スタジオで撮ると、

アルバムだけではなくDVDキーホルダーにも

してくれるので、これはかなり喜ばれる確率が高いです。

 

 

ちなみに我が家の子供達が七五三の時に祖父母から

お祝いを頂いたのですが、内祝いを兼ねたお返しとして

七五三の記念アルバムの小冊子版を贈りました。

 

 

記念アルバムと同じ内容でサイズが小さいだけだから、

「可愛い七五三の写真を毎日見られる!」

と私達が思っていたよりも喜んでくれましたよ。

 



内祝いのお返しってその時にならないと

分からない事が多いので、

金額や贈り物について悩んだら

参考にしてくださいね。

 

 

七五三が終わったら内祝いの準備を! いつ頃までにするもの?

 

七五三の内祝いの相場やどんなもの贈ったら

いいかというお話をしましたので、

次は内祝いをいつしたらいいのかという

準備についてです。

 

 

基本的に七五三の内祝いをする場合、

頂いてから2週間以内に相手に

お返しが届いているのが望ましいと

されています。

 

 

だからいつ準備したらいいか?という

質問の答えは「七五三が終わってから直ぐ」

となります。

 

 

もし2週間を過ぎても祝い事に対しての

お返しですから、「まだもらってないけど」

なんていう祖父母は滅多にいないでしょう。

 

 

しかし、

「お祝いを贈ったのに何の連絡もないなんて…」

と内心感じている方もいると思います。

 

 

そんな時は、お礼状を書いたり、一言

お礼の連絡を入れたりするようにして、

感謝を伝えてください。

 

 

この時、祖父母がご自分のご両親でしたら

多少連絡が遅れても多めに見てもらえるでしょうし、

「そんなのいいのよ」となるかもしれません。

 

 

しかし、あなたのお姑さん・お舅さんとなる

立場の祖父母だと、「七五三のお祝いを

贈ったのに何の連絡もないなんて」という

妙なしこりを残してしまう可能性が

大いにあります。

 

 

だからお姑さん・お舅さんとなる祖父母への

内祝いついては、出来るだけ早く行い、

それが難しい場合は必ず先にお礼を伝えるのを

心がけましょう。

 

 

まとめ

 

私も子供達の七五三の時にお祝いを

自分達の両親であり、子供達からみれば

祖父母からもらいました。

 

 

そしてその時に、「七五三のお祝いだし

身内だから内祝いはしなくてもいいよ」と

言われたのですが心情的に、

「頂いているのだから感謝の気持ちを」

と思いました。

 

 

ただ形式的な内祝いだと

「しなくていいって言ったのに」と

なりそうでしたので、七五三の記念という形で

スタジオで撮った記念アルバムの小冊子版

贈ったり、祖父母を招いて食事会をしました。

 

 

私が内祝いをした時は同じマンションの

ママ友さんが既に経験者で色々聞けたので、

「内祝いって何をどうしたらいいの?」

と悩まずに済みました。

 

 

けどもしあなたが

「内祝いの相場っていくらくらい?

祖父母に贈るならどんなのがいい?

内祝いっていつまでにしたらいいの?」と

感じた時、今では私も経験者ですのでここで

紹介した情報が少しでも役に立ってくれたら

いいなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました