皆知ってる?珪藻土マットの捨て方を解説!知って得する再利用法も!

豆知識

 

珪藻土マットって捨て方

イマイチよく分かりませんよね。

 

 

普通に燃えるゴミとして捨てて

良いのか、それとも燃えないゴミなのかを

知っておきたいところ。

 

 

また、もし再利用できるなら、

最後まで無駄なく使いたいでしょう。

 

 

そこで今回は珪藻土マットの捨て方や、

アスベストが検出された、珪藻土マットの

見分け方などを紹介していきます!

 

 

珪藻土マットの捨て方は?アスベスト混入の疑いがある製品はどれ?

 

珪藻土マットは陶器類と同じような扱いになる

自治体が多く、捨て方としては陶器と同じ

分別方法をしましょう。

 

 

ただし自治体によっては珪藻土マットの

捨て方は、異なる場合もあるので、念のため

一度住んでいる自治体に、珪藻土マットの

分別方法を問い合わせしてみると良いですよ!

 

 

ちなみに珪藻土マットは、小さくカット

しておけば、靴箱やトイレなどに置くことで、

消臭剤や除湿剤として再利用も出来ますよ!

 

 

まだ使えそうな珪藻土マットなのでしたら、

再利用しましょう。

 

 

ただし珪藻土マットの中でも、中国製品

珪藻土マットに関しては、アスベスト混入の

可能性があるとされているので注意が必要!

 

 

もちろん中国でも、ちゃんとアスベストが

混入していないか、という基準があるのですが、

日本の基準とは違うんです。

 

 

そのため、中国ではOKでも日本国内では

アスベストが検出された、という

珪藻土マットがあるんですよ!

 

 

珪藻土マットを買う時はなるべく、

中国製のものではなく、日本製のものを

選ぶようにすると良いですね。

 

 

筆者も珪藻土マットやコースターを購入する際は、

日本国内の基準できちんと、アスベストが

混入していないものを、と注意しています。

 

 

また夫が珪藻土のコースターをよく買うので、

中国製でないものを選んで買うようにと

伝えています。

 

 

やっぱりアスベストが混入していると

怖いですもんね…。

 

 

あなたも珪藻土マットを買う際は、

日本製のものであるか、しっかり

チェックしておくと良いですよ。

 

 

珪藻土マットの捨て方ココに注意!ニトリの回収対象品の見分け方は?

 

珪藻土マットの捨て方は自治体にもよりますが、

基本的にはゴミ袋に入らないと捨てられません。

 

 

そのため、ゴミ袋に珪藻土マットが入らない時は、

金づちなどで珪藻土マットを叩き割り

細かくしておきましょう。

 

 

また、ニトリの珪藻土マットが回収対象になった

というニュースが少し前に話題になりましたね。

 

 

でも自分が今使っている珪藻土マットも、

ニトリで購入した場合、回収対象か見分けることが

難しいですね。

 

 

そんな時はぜひ、下記のサイトを参考にして、

自分のニトリの珪藻土マットが回収対象か

チェックしておきましょう。

 

ニトリHD、”問題商品”の見分け方発表 回収方法はまだ
基準を超えるアスベストが含まれていたとして、バスマットなど約240万点を回収すると発表したニトリホールディングスは、回収商品の見分け方を公表した。

 

 

上記のURLのサイトを見る限りですと、

端に光沢がなく、対角線が65㎝以上の大きさ

の珪藻土マットは回収対象ということに

なっています。

 

 

もし今使っている珪藻土マットやコースターは、

ニトリで購入したものなのでしたら、

すぐにでもチェックをして該当の商品であれば、

回収をしてもらってくださいね。

 

 

アスベストが検出されたって、

とても不安になるもの…。

 

 

健康に害が出ないうちに、

アスベスト含有の珪藻土マットは、

すぐに回収してもらいましょう!

 

 

まとめ

 

 

珪藻土マットは自治体にもよりますが、

捨て方としては陶器類と同じ分別でOKの

場合もあります。

 

 

詳しくはお住まいの自治体に問い合わせをして、

捨て方を教えてもらってくださいね。

 

 

また、中国製の珪藻土マットは

アスベストを含んでいる可能性が高いため、

購入は絶対にしないこと。

 

 

ニトリの回収対象商品についても、

自分が使っている珪藻土マットやコースターが

対象か、よくチェックして該当するなら

回収をしてもらってくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました