知らなきゃ危険?ペットボトルの水は開封した後何日まで飲める?

豆知識

 

水は私たちの生活になくてはならないものです。

非常用としてペットボトルの水

ストックしているご家庭も多いですよね。

 

 

ペットボトルで市販されている水は基本的に

賞味期限も長くて未開封であれば

長い期間保存をしておくことができますね。

 

 

ただし、問題は開封した後の水す。

 

 

未開封の賞味期限だけを見ると開封した後でも、

ある程度は置いておけるんじゃないかと

感じてしまいますよね。

 

 

しかし、結論からお話ししますと、

ペットボトルを開封した後の水は

未開封時よりも保存期間はかなり短くなります。

 

 

そのため開封した後に

しばらく置いておいたペットボトルの水を

飲むときは注意が必要になります。

 

 

では、実際は開封後の水はどれくらいの期間、

飲むことができるのでしょうか?

 

 

今回はペットボトルの水の保存期間や方法

ついて紹介していこうと思いますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ペットボトルの水は開封後どうするべき?常温ならどれくらい保つ?

 

ペットボトルに書かれている賞味期限は

未開封時の場合の期限です。

 

 

一度開封すると空気中の雑菌なんかが

入り込んでしまいますから、飲める日数は

一気に短くなってしまいます。

 

 

長くても数日といったところでしょう。

これは保存状態や飲み方によって変わってきます。

 

 

基本的に開封したペットボトルの水は

冷蔵庫に保存するのがベストです。

冷蔵庫での保存であれば雑菌の繁殖も遅いです。

 

 

ただ、それでも全く雑菌が発生しないわけではないので、

長くても5日~7日で飲み切るようにして下さい。

 

 

我が家は2リットルのペットボトルでも

開封後は冷蔵庫に入れていたとしても

2日で飲み切るようにはしています。

…念のため。

 

 

保存場所の温度によって雑菌の

繁殖スピードも速くなります。

 

 

常温の状態が一番雑菌が繁殖しやすい

温度になっていますから、常温で置いておく

場合は注意が必要です。

 

 

常温の場合は涼しい時でも2日位が限界です。

夏などの暑い時季の場合はできたら当日中

飲み切ってしまうようにして下さい。

 

 

夏場なら尚更、常温保存は注意が必要です。

 

 

出来る限り温度が低い場所に

置いておくようにして下さい。

ベストはやはり冷蔵庫での保存です。

 

 

もう1つ注意が必要なのはペットボトルに

直接口を付けて水を飲んだ場合です。

口の中の雑菌も混ざるのでさらに

悪くなりやすいです。

 

 

この場合、常温はもちろん、冷蔵庫での

保存でも当日中に飲み切って下さい。

 

 

実は私、子どもが飲んでいて残した

500mlのミネラルウォーターを

冬場台所に置いておいて翌朝飲もうとしたんです。

 

 

でも、なんか変なものが浮いていて…。

臭いもなんか怪しい感じがしたので飲むのを

やめたんですよ。

 

 

なので、我が家は一度でも口を付けた

飲み物はその場で飲み切るか、遅くとも

その日のうちに飲み切るようにしています。

 

 

ペットボトルの水に消費期限はある?賞味期限が切れたらどうなる?

 

そもそもペットボトルの水の

消費期限はあるのか?なのですが…。

 

 

お店で市販されているペットボトルの

ミネラルウォーターは、殺菌処理がされていて

雑菌がいない状態で作られています。

 

 

まったく菌がいないし未開封であれば

菌が入り込むこともありません。

 

 

なので市販のペットボトルの水は、

「腐る」ということはないのです。

 

 

そのため、ペットボトルの水には

消費期限は表記されていません。

 

 

代わりに表記されているのは「賞味期限」です。

 

 

ではペットボトルの水に

賞味期限があるのはどういうことなのか?

 

 

ペットボトルの中の水自体は腐らないのですが、

容器であるペットボトルの性質が問題で、

ペットボトルというのは通気性が

良くなっているんです。

 

 

そのため、ミネラルウォーターを長く

保存していると、周囲にある物のニオイが

移ってしまうことがあるのです。

 

 

別の物のニオイが移ってしまうことで

水本来の味が損なわれてしまうことがあります。

 

 

また、長く保存していく間にペットボトルを通して

水が蒸発してしまい、商品に表記されている

内容量よりも少なくなってしまうのです。

 

 

なので、水自体が腐るわけじゃないから

飲めなくなるわけじゃないけど、

味の低下や内容量の変化があるために

賞味期限が表記されているんですね。

 

 

もし、ご自宅で保管していたペットボトルの

水の賞味期限が過ぎていた場合なのですが

少し過ぎたくらいであれば飲んでも

問題はないと言えます。

 

 

もし気になるようであれば、

一度煮沸処理してから飲むようにして下さい。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

ペットボトルの水が腐らないというのは

びっくりですよね。

 

 

でも確かに、殺菌もされていて菌が

入り込めないのであれば、腐る要素は

ないのは納得ですよね。

 

 

とはいえ、一度封を開けてしまったら

その瞬間から菌が入ってきてしまうわけなので、

当然、腐るというか日持ちはしなくなるのは

当然ですね。

 

 

なので、ペットボトルの水は開封したら

冷蔵庫に入れて、できるだけ早めに

飲み切ることを心がけていきましょう。

 

 

そうそう!人の口の中って

思ったより菌がいるんですよ。

 

 

なので1.5リットルや2リットルなどの

飲み切れない量のペットボトルの水の場合は

直飲みは避けて、コップに注いで飲むように

して下さいね!

 

タイトルとURLをコピーしました