ケーキ屋のプリンは賞味期限が短い!?そのワケとは?

豆知識

 

大人も子供も好きな人が多いプリン

あなたはお好きですか?

我が家は家族みんなが好きなので

よく買います。

 

 

ところでスーパーで買える

市販のプリンケーキ屋さんで買うプリン

一つ違うところがあるのにお気づきでしょうか?

 

 

それは賞味期限です。

 

 

市販のプリンは大体1週間~10日前後

賞味期限がありますが、ケーキ屋さんのプリンは1日、

もって2日といったところではないかと思います。

 

 

同じプリンなのにこの賞味期限の

違いってどうしてなんでしょう?

 

 

そしてもしケーキ屋さんのプリンを頂いて

「あ!どうしよう!賞味期限切れちゃった!」

となった時、そのプリンいつまでだったら

食べられるのでしょうか?

 

 

本来であれば賞味期限内に食べられるのが

良いのですが、もしもあなたが

「賞味期限が切れたけど食べたかったプリン。

食べても大丈夫かな?」と考えた時の

参考になればと思います。

 

 

プリンが賞味期限切れ!?いつまでに食べれば良いの?

 

よくありがちなケースとして、

手土産にケーキ屋さんのプリンをもらって

「あとでゆっくり食べよう」

「食後のデザートに食べよう」と冷蔵庫に

入れて食べそびれてしまうことがあります。

 

 

翌日冷蔵庫を開けて、

「あ!プリン食べ忘れちゃった!食べたいけど

賞味期限切れてる。まだ食べれるかな?」

となった時、あなたはこのプリンを食べますか?

食べませんか?

 

 

ケーキ屋さんのプリンの賞味期限って、

購入した日もしくは翌日というのが多いですが、

私は賞味期限が「1日切れた」だけなら

食べちゃいます。

 

 

どうして1日だけかというとそれ以上になると

どうしても食中毒が怖いからです。

 

 

ちなみに賞味期限というのは

「その食品が美味しく食べられる期限」なので、

期限が切れて直ぐ食べられなくなるというわけ

ではないそうです。

 

 

ただ「賞味期限後1日以内」というのは私の「勘」な

部分なので、「実のところはどうなんだろう?」と

思ってネットで調べてみました。

 

 

結果としては、

「賞味期限が切れたら出来るだけ早めに食べる」

というのが多く「何日以内」という明確なものは

見られなかったのですが、この点をふまえるとやはり

「賞味期限後1日以内」という考え方は間違っては

なさそうです。

 

 

ただこの賞味期限後1日以内というのは

「冷蔵保存しているもの」という前提が

ありますので気をつけてください。

(恐らく「要冷蔵」のケーキ屋さんのプリンを

常温で保存するという事はないと思いますが…)

 

 

そしてもう一つ注意して頂きたいのがフルーツや

クリームがデコレーションされているプリンです。

 

 

こちらも賞味期限後1日程度であれば

食べれなくはないのですが、フルーツやクリームの

水分がプリンの傷みを早くさせてしまう場合が

あるそうなので、この点もご注意くださいね。

 

 

もしもあなたがケーキ屋さんのプリンを

賞味期限切れで食べようとする時に、

「食べれるかな?どうしようかな?」と思ったら、

”賞味期限切れ1日以内” を

食べる目安にしてください。

 

 

但し、

・プリンにネバネバした糸が引いている

・カビが生えている

・酸っぱい味や臭いがする

といった場合は

絶対に食べるのを止めてください!

 

 

かなり高い確率で

体調を崩す事になりますよ。

 

 

市販のプリンの賞味期限はなぜ長い?手作りプリンとの違いは?!

 

昨日スーパーで市販のプリン

買ってきました。

賞味期限を見ると10日程あります。

 

 

対してケーキ屋さんのプリン

そして中にはお家でプリンを手作りするという

ご家庭があるかと思いますが、この2種類は

市販のプリンに比べると1~2日とかなり短いですね。

 

 

では

「同じプリンなのに市販のプリンの賞味期限が長いのは

どうして?市販と手作りのプリンって何が違うの?」

でしょうか。

 

 

市販のプリンと手作りプリン。

その違いは「防腐剤」「保存料」です。

 

 

市販のプリンは製造→流通→販売という

流れを経て、私達の手元に届きます。

 

 

という事は、私達の手元に届くまで腐る事なく

美味しく食べられる状態を保たないといけません。

 

 

だから防腐剤や保存料を用いて

賞味期限の長いプリンとなっています。

 

 

市販のプリンの賞味期限が長い理由と、

手作りのプリンとの賞味期限の違いがハッキリ

分かって頂けるのではないでしょうか。

 

 

そしてこの違いが分かれば、

あなたがプリンを買う時に、

 

「お誕生日や差し入れなどの

直ぐに食べたいのは手作りプリン」

 

「子供のおやつや普段づかいなら

賞味期限が長い市販のプリン」

 

と使い分けが出来るのではないかと

思います。

 

 

まとめ

 

私は子供のおやつや自分の会社でのお茶タイムの

お供にプリンを買う事がありますが、時々

「あ!このプリン、賞味期限切れてる!?

食べれるかな~?」となります。

 

 

こうなるのは子供のおやつにと思っていたのに

出すのを忘れたり、仕事が忙しくてお茶タイムが

出来なくて食べられなかったのが原因ですが、

賞味期限が切れるとちょっと悲しいですよね。

 

 

一番良いのは「賞味期限内に食べる」ですが、

それが出来ない時は、「賞味期限切れ1日以内、

但し冷蔵庫で保存していたもの」をポイントにして

食べる、食べないを判断するとムダにしないで

済みそうですね。

 

 

ただ最後にもう一度言わせて頂きますが、

冷蔵庫保存していて賞味期限切れ後1日以内で

あっても、見た目や臭いが「変!」と感じた

場合はくれぐれも食べないでください。

 

 

食後に危険な結果が

待ち受ける事となりますよ…。

 

タイトルとURLをコピーしました