私だけ?ブーツで靴下履かないのは変?履きたくない人はどうしてる?

豆知識

 

ブーツ靴下を履かないのって、

やっぱりダメなんでしょうか?

 

 

でもブーツの時って靴下を履くと、

中で靴下がまごついてしまい、

歩いている時にすごく不快になってしまうもの…。

 

 

どうにかして快適に

ブーツを履きたいものですね。

 

 

そこで今回は、

ブーツで靴下を履かないのはNGなのか

ブーツの中で靴下がまごつく時はどうしたら

良いのかを解説!

 

 

ぜひブーツを履く時の

参考にしてみてくださいね!

 

 

ブーツの時は靴下を履くのが常識?靴下がまごつく時の対策ってある?

 

ブーツの時は、靴下はやっぱり

履くようにした方が断然に良いですよ!

 

 

靴下を履かないと、

足がブーツの中でこすれてしまったり、

悪臭の原因に繋がる可能性も出てきます。

 

 

ただ、ブーツの時に靴下を履くと、

中で靴下がまごつくのでしたら、

それはまずブーツが足のサイズに

ピッタリ合っていない、ということですね。

 

 

ブーツが足のサイズにちょうど合っていないと、

靴下を履いた時に、中で摩擦が生じて

まごつくことが多いんですよ。

 

 

そこで、サイズがピッタリ合っていない

ブーツなのでしたら、中敷きをブーツの中に

入れて、サイズが合うように調節しましょう。

 

 

中敷きはシューズショップでも

100均でも購入することが出来るので、

簡単に手に入れられますよ。

 

 

中敷きをブーツの中に入れれば、

ブーツのサイズが少し大きかったとしても、

足のサイズにちゃんと合います。

 

 

筆者も以前、

サイズが大きいブーツを買ってしまった時に

100均の中敷きを敷いて微調整しました。

 

 

そのおかげでちゃんと

履けるようになりましたよ。

 

 

ブーツも、靴下を履くと中でまごつくなら、

中敷きで対策をしていきましょう。

 

 

そうすれば靴下を履かないでブーツを履く、

ということをしなくても良いので安心ですね!

 

 

ブーツは靴下を履いても臭い!?イヤーな臭い対策は意外に簡単!?

 

ブーツはどうしても蒸れやすいので、

靴下を履いていても、中が臭くなって

しまうことがあります…。

 

 

でも、先ほども説明したように靴下を履かないと、

余計に臭くなるので、必ず靴下は履きましょうね!

 

 

もしブーツ内が臭いのでしたら、

除湿や消臭効果のある中敷きをブーツの中に

敷いておきましょう。

 

 

または、足用のデオドラントスプレー

活用するもの効果的ですよ。

 

 

そして、ブーツは帰宅して脱いだら、

除湿剤を入れておいたり、陰干しして中に

湿気がこもらないようにしておくのも効果的。

 

 

靴専用の消臭スプレー

中に吹きかけておいても良いですね。

 

 

 

そうすればかなりニオイがこもりやすい

ブーツであっても、臭い状態になるのを

予防できて安心ですよ。

 

 

筆者もブーツは履いたらしばらく陰干ししておいて、

湿気を除去するように心掛けています。

 

 

ブーツはやっぱり湿気で蒸れると臭いので、

ぜひこれらの対策をしていきましょうね!

 

 

まとめ

 

 

ブーツは靴下を履かないと

蒸れやすくなるためNG!

 

 

靴下がブーツの中でまごつく時は、

ブーツ内に中敷きを入れてサイズを

微調整しましょう。

 

 

また、ブーツ内が臭い場合は、

除湿消臭効果のある中敷きを敷いたり、

足や靴専用のデオドラントスプレー

使ったりしてください。

 

 

そしてブーツの中も湿気を

よく除去するようにしていけば、

ニオイを予防していけますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました