結婚式のゲストカードの書き方を知りたい!「ご芳名」って何なの!?

マナー・ルール

 

最近、結婚式の受付で「芳名帳」って

見なくなりましたよね。

 

 

そもそも「ご芳名」とは、相手に敬意を

表して「氏名」を丁寧にした言葉。

 

 

言い換えれば、アンケートの記入欄などで

よく見る「お名前」と一緒です。

 

 

昔は、結婚式やお葬式のときに「芳名帳」と

いうものを受付に用意して、来た人が自分の

名前や住所を書くというのが一般的でした。

 

 

しかし、それだと受付に時間がかかって

行列ができてしまったり、少人数の式では

わざわざ芳名帳を書いてもらう必要もない

ということから、最近ではゲストカードを

使うことが多くなってきたんですね!

 

 

結婚式の招待状と一緒に届くゲストカード。

一瞬どう書けばいいのか迷ってしまう人も

多いと思います。

 

 

私も結婚式にお呼ばれしたとき、

いろいろ調べながら書きました(笑)

 

 

そんな実体験を活かして、

今回は結婚式のゲストカードの書き方

わかりやすく紹介していきますよ~☆

 

 

結婚式のゲストカード!様を消すのは基本!書き方マナー!

 

では、さっそくゲストカードの書き方を

教えちゃいますね♪

 

 

ゲストカードを書くときは、「様」を消す

など基本的なマナーがいくつかあります。

 

 

それをひとつずつ確認していきましょう!

 

 

マナー1:鉛筆やクレヨンはNG

 

鉛筆やシャーペンなど、こすれて消えて

しまう可能性のある筆記用具は使わずに、

黒の万年筆などを使うことがマナーです。

 

 

万年筆がなければボールペンでもOK。

筆ペンでもいいんですが、薄墨はお葬式

などで使われるものなので、使う場合は

濃い黒の筆ペンにしてくださいね。

 

 

また、クレヨンなど他の紙に色が移って

しまうようなものも避けましょう。

 

 

マナー2:自分への敬語は消す

 

先ほども触れたとおり、「~様」など

あらかじめ印字されている自分への

敬語表現は必ず消しておきましょう

 

 

【消し方のパターン】どっちでもOK!

 

・二重線を引いて消す

・「寿」という字を消したい文字の上に

重ねて書いて消す

 

 

【消しておくべき敬語表現】

 

・ご芳名

⇒「ご芳」を消す

 

・ご(御)住所、お電話番号

⇒「ご(御)」、「お」を消す

 

 

マナー3:忌み言葉を使わない

 

忌み言葉というと難しいですが、要するに

縁起の悪そうな言葉ですね。

 

 

ゲストカードのメッセージ欄では、

・離婚のイメージ:「終わる」「切る」

・再婚のイメージ:「再び」「繰り返し」

・不幸のイメージ:「悪い」「忙しい」

などといった忌み言葉は使わないように

気をつけましょう。

 

 

結婚式のゲストカードはなるべく空欄なしで!持っていくのも忘れずに!

 

ここまでゲストカードの書き方のマナーを

ご紹介してきましたが、ゲストカードは

新郎新婦が楽しみにしているゲストからの

メッセージでもあります。

 

 

実際、私はイラスト入りのゲストカードを

渡したのですが、その友人は今でもその

カードを大事に取っておいてくれています。

 

 

そんなゲストカードのメッセージ欄。

マナーが気になるからいっそのこと何も

書かないでおこう……というのはあまり

にも寂しいもの。

 

 

先ほどご紹介したマナーだけはしっかりと

守って、ぜひ空欄のないように書いて渡す

ようにしましょう。

 

 

過去の暴露話や暗い話は避けて、明るく

新郎新婦の二人の門出を祝福するような

文章がいいですね(^^)

 

 

また、最近では気にする人も少ないですが、

句読点(。や、)は終わりや区切りを意味

するものなので、お祝いのメッセージには

あまりふさわしくありません。

 

 

改行をうまく使って、できれば句読点を

使わずに書くことをオススメします。

 

 

何を書けばいいのか難しいという人は、

私のように簡単な文章でもイラストを

添えると喜ばれますよ♪

 

 

最後に、せっかく書いたゲストカードが

新郎新婦に届かなくては意味がありません。

 

 

前日にはしっかりと荷物を準備・チェック

して忘れないように注意してくださいね☆

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

今回ご紹介したゲストカードの書き方を

参考にして、新郎新婦に喜んでもらえる

素敵なカードを書いてくださいね♪

 

タイトルとURLをコピーしました