ファンヒーターの灯油みんなは使い切る?残った灯油はどうするべき?

豆知識

 

ファンヒーターの灯油って

使い切るのがベストなんでしょうか?

 

 

もし灯油が残ってしまった時は、

一体どうすれば良いのか、イマイチ

よく分かりませんよね…。

 

 

ファンヒーターの中に

入れたままにしても大丈夫?

 

 

それとも全部捨てるべき?

 

 

今回はそんな、

ファンヒーターの灯油は使い切るべきか

灯油が残ってしまったらどうすれば良いか

ご紹介します。

 

 

ファンヒーターの灯油はそのまま残しておいて大丈夫?実は危険!?

 

ファンヒーターの灯油は

そのまま残しておくのは危険ですよ!

 

 

灯油をそのまま残しておいてしまうと、

酸化して変色していきます。

 

 

変色し酸化した灯油を、

翌シーズンにファンヒーターに入れて使うと、

ファンヒーターが故障してしまったり、

燃焼不良を引き起こす可能性も!

 

 

しかもファンヒーターから異臭がする場合も

出てくるので、絶対に灯油は残ったら使い切るか、

捨てるようにしましょう。

 

 

捨て方としては、本当にごく少量の灯油なら、

新聞紙などに染み込ませて可燃ゴミとして

処分しましょう。

 

 

まだ結構多めに灯油が残っている場合は、

ガソリンスタンドや灯油を購入した店舗に

引き取りをお願いしてください。

 

 

そうすれば、正しい方法で

ファンヒーターの灯油を処分できます。

 

 

そのままタンクの中やファンヒーターの中に

入れておく、というのはNGなので、必ず

残った灯油は使い切るか処分してくださいね。

 

 

筆者の義実家もファンヒーターの灯油が

残ったら、ガソリンスタンドに持って

行っていると話していました。

 

 

ただし、ガソリンスタンドに残った灯油を

持って行くと、引き取りが有料になる場合もあるので、

心配な時は事前にガソリンスタンドに問い合わせると

良いでしょう。

 

 

ファンヒーターの灯油を入れっぱなしにするのはNG!?抜き取り方は?

 

先ほども少し説明した通り、

ファンヒーターの中に、灯油を

入れっぱなしにするのはNG行為です。

 

 

ファンヒーターの故障や異臭を

発生させることもありますので、

必ず抜き取るようにしましょう。

 

 

ファンヒーターの中に残った灯油の

抜き取り方は、市販のスポイトか、

ファンヒーター購入時に付属していた

スポイトで、抜き取るようにすればOKです。

 

 

必ずファンヒーターの中に灯油が

全く入っていない、という状態にしてから、

ファンヒーターをしまってくださいね。

 

 

入れっぱなしはやっぱり危険だし、

ファンヒーターの故障に繋がるのでご注意を。

 

 

抜き取った灯油は、少量なら先ほども

紹介したように、新聞紙に吸わせて

可燃ゴミとして処分しましょうね。

 

 

そして翌シーズンには、新しい灯油を入れて、

ファンヒーターを使うようにしてください。

 

 

やっぱり灯油を入れっぱなしにするのは

良くないことなんですね…。

 

 

くれぐれも注意して、

灯油は全て抜き取りましょう!

 

 

まとめ

 

 

ファンヒーターの灯油が余ったら、

そのままにせず、必ず使い切るか処分すること。

 

 

そのまま残しておくと、灯油が酸化してしまい、

ファンヒーターの故障に繋がりますよ!

 

 

また、灯油は余ったらファンヒーターの中に

入れたままにせず、スポイトを使って

全部抜き取ってからしまいましょう。

 

 

そうすれば安全に翌シーズンも

ファンヒーターを使えるので安心です!

 

タイトルとURLをコピーしました