今さら聞けない!?お年玉袋の書き方!夫婦は連名にする?しない?

マナー・ルール

 

お年玉袋の書き方って、

イマイチよく分からないもの…。

 

 

初めて親戚の子にお年玉を渡す場合だと、

夫婦連名にすべきなのか、表面は子供の名前だけで

良いのか、知っておきたいでしょう。

 

 

ということで今回は、

お年玉袋の書き方を詳しく解説!

 

 

裏面は夫婦連名にして書くべきかどうかも、

お教えするので、ぜひ参考にどうぞ!

 

 

そのお年玉袋の名前の書き方間違ってるかも!?正しい書き方を解説!

 

お年玉袋の名前の書き方は、

基本的には表面にあげる子供の名前を、

裏面には渡す人の名前を書くもの。

 

 

でも、普通に子供の名前と自分の名前を

書けばいいのではありません。

 

 

まず、表面に書く

子供の名前ですが、フルネームではなく、

『○○(子供の下の名前)ちゃん』

『○○くん』などと書きましょう。

 

 

そしてお年玉袋の裏面の左下に、

渡す自分の名前を書きますが、出来ればその際も、

子供から呼ばれている名前で書きましょう。

 

 

例えば『××(あなたの下の名前)おじさん

(あるいはおばさん)より』など。

 

 

そしてお年玉を夫婦で渡す場合に関しては、

基本的に夫の名前だけで大丈夫です。

 

 

要するに連名にしなくても良い

ということなんですね。

 

 

夫が代表して渡す、ということになるので、

裏側には夫の名前をぜひ書くようにしてください。

 

 

ということは、『××おじさんより』などと

書くと良いんですね!

 

 

筆者夫婦も親戚の子にお年玉を渡す時、

夫婦連名にはせず夫の名前だけを

裏面に書いて渡しています。

 

 

こうして見ると、お年玉袋の書き方って、

案外正しい書き方がきちんとあるものなんですね。

 

 

お年玉袋の書き方を覚えておくと、

お正月の時にきっと役立つでしょう。

 

 

お年玉袋の書き方次第で好印象!?袋の裏にみんなは何を書いている?

 

お年玉袋の裏には、左下に渡す人である

あなたの名前を書くのですが、それ以外にも、

ちょっとしたメッセージを書くことで、

より子供から好印象を受けることになるんですよ!

 

 

例えば親戚の子にあげるお年玉袋の裏には、

その子が頑張っている習い事のことを

書いてあげると良いでしょう。

 

 

その場合の例文としては、

『あけましておめでとう!

今年もスイミングを楽しんでね!』や、

『英会話を続けていてえらいね!

これからも頑張って!』など。

 

 

他には、成長したことを喜ぶこと

書いても良いですね。

 

 

『少し見ない間に大きくなったね!

これからも元気でね!』とか、

『背が伸びていておどろきました!

元気な○○くん(ちゃん)が大好きです』

などの書き方をすると好印象になります。

 

 

筆者も子供の頃、

お年玉袋の裏にメッセージが書いてあるのが、

すごく嬉しかった、という記憶があります。

 

 

親戚の大人からのメッセージは

何気に喜ばれるので、ぜひ一言でも

書いてあげると良いでしょう!

 

 

まとめ

 

 

お年玉袋の書き方は、表面にあげる子供の名前を、

『くん』や『ちゃん』付けで書き、裏面の左下には

渡す人の名前を、子供からの呼び名で書きましょう。

 

 

夫婦で渡す場合は、連名にせず、

夫の名前だけを書けばOKですよ!

 

 

また裏面には、渡す子供へのメッセージ

一言で良いので、書いておくと好印象になります。

 

 

ぜひこれらの書き方で、

お年玉を用意してあげてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました