静電気でバチッ!なりやすい人には共通点が!?簡単な対策法がある?

豆知識

 

静電気でバチッとなりやすい人には、

実はある共通点というか、特徴があるんですよ。

 

 

冬場になると、ドアノブなどを触った時に、

静電気で痛い思いをするのは本当に嫌ですよね!

 

 

でも、実は静電気を避けられる

超簡単な裏ワザも存在します!

 

 

今回はそこで、

静電気でバチッとなりやすい人の共通点や特徴

そして静電気で痛い思いを避けられる、

とっておきの対策法をご紹介しますね。

 

 

静電気が起きやすい人にはある特徴が!?あなたはいくつ当てはまる?

 

静電気が起きやすい人には

ある特徴があるんですよ。

 

 

その特徴とは以下のものです。

 

 

ミネラル分など水分不足になっていること

 

 

体内の水分が不足していると、

肌や髪が乾燥してしまいます。

 

 

すると、乾燥により体は静電気体質、

つまり体内に静電気が溜まっている、

という状態になるため、金属製の物に

触れた時に、静電気が起こりやすくなるのです。

 

 

確かに静電気が起こりやすい冬場って、

水分をあまり摂らないことが多いですね。

 

 

でも、1日に1.5~2リットルを目安に、

水分を補給するようにすれば、

髪や肌の乾燥も防げて、静電気体質に

なりにくいでしょう。

 

 

睡眠不足やストレスが溜まっている

 

 

実は睡眠不足ストレスなども

静電気と関わりがあるのです!

 

 

睡眠不足やストレスが溜まっているなど、

体や心が疲れていると、体は静電気を上手く

放出できずに溜まっていくようになります。

 

 

人は通常、体内にイオンという電気が

含まれているのですが、疲れやストレスが

溜まることによって、このイオンバランスが

乱れていき、体内に過剰に電気を溜め込みます。

 

 

そして、金属などに触れると、

体内に溜め込まれた電気が一気に放出され、

静電気が起こり、痛い思いをしてしまうんですね…。

 

 

静電気がやたらと起きるのでしたら、

体と心が疲れている、ということも

疑ってみると良いでしょう。

 

 

合成繊維の衣類を好んで着ている

 

ナイロンポリエステルアクリルなどの

合成繊維の衣類は、静電気が発生しやすいという

特徴を持っています。

 

 

そのため、これらの素材の衣類を着ていると、

やっぱり静電気を発生させて、金属に触れた時に、

痛い思いをしてしまうもの…。

 

 

冬場、少しでも静電気を避けたいのでしたら、

コットンやリネン(麻)やシルクなど、

天然素材の衣類を着ると良いでしょう。

 

 

以上が静電気を起こしやすい人の特徴!

 

 

静電気で痛い思いをしないためには、

体調管理と衣類の素材選びを慎重に行うと

良いですね。

 

 

静電気の痛みを感じない人は何が違う?強烈な放電を避ける裏技!?

 

静電気を感じない人は、

きちんと冬場でも水分を補給していることと、

体と心の疲れを溜めていないこと、

そして自然素材の衣類を着ていることですね。

 

 

ただ、どんな人であっても、

静電気の痛みを感じない人になれる、

とっておきの裏ワザがあります。

 

 

それは、金属の物に触る前に壁や床、

地面などを触って、体内に溜まった

電気を ”ゆっくり” 放電すること!

 

 

よく、ガソリンスタンドでも、給油する際には、

静電気除去シートに触れることがありますね。

 

 

あれと同じように、冬場に静電気が

起きやすいのでしたら、ドアノブなどに

触る前に、壁や床や地面を触りましょう。

 

 

そうすれば体内に溜まった静電気をゆっくり

放電できるため、バチッと痛い思いを

避けられるんです。

 

 

静電気が起きやすい冬場には、

ぜひゆっくり放電をしてから、

ドアノブなど金属に触れるようにしましょう。

 

 

簡単なことだけれど、かなり効果的なので

ぜひお試しくださいね!

 

 

まとめ

 

 

静電気でバチッとなりやすい人は、

水分不足だったり、体と心の疲れが溜まっていて、

体内のイオンバランスが乱れていたり、合成繊維の

衣類を着ているからという特徴があります。

 

 

でも、ドアノブなど金属に触れる前に、

壁や床や地面に触れることで、

体内の電気をゆっくりと放電できるので、

痛い思いをすることもありませんよ。

 

 

冬場になったらぜひ試していきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました