トイレのつまりがスッポンで治らない!?非常時の対処法とは!?

豆知識

 

突然トイレがつまってしまったときって

ちょっとパニックになりますよね。

 

 

水があふれてきたりして後片付けも大変です。

 

 

私には子どもがいますが、子どもが小さい頃に

トイレットペーパーで遊んで大量にトイレに

詰め込んでくれたことがありました。

 

 

しかも、水流して…。

結果は当然、トイレがつまってしまって

床が水浸しになりました。

 

 

このときはスッポンで治ったので良かったですが、

これで治らない場合や、スッポンがない場合は

トイレも使えないし死活問題です。

 

 

実はトイレのつまりは放置をしておくと

自然に治るケースも結構あるんです。

 

 

そこで今回はトイレのつまりの対処法について

正しい対処法を紹介していきたいと思います。

 

 

業者にお願いしなければダメな基準

スッポンがなくてもすぐに対処できる方法も一緒に

紹介していきますので、万が一!というときの

参考にしていただければと思います。

 

 

トイレのつまりは自然に治る?放置する時間は?治らないケースも?

 

トイレのつまりが自然に治るかどうかは

つまっている原因が何かによります。

 

 

トイレに詰まった原因が水に溶ける物であれば

時間がたてば水に溶けてくれます。

 

 

トイレットペーパー汚物

つまった場合ですね。

 

 

トイレットペーパーなんかは基本的に

水に溶けますが、大量に流してしまうと、

つまってしまうことがあります。

 

 

または流れる水の量が少なくて

つまってしまうことも…。

 

 

あとはトイレに流すタイプの掃除シートも、

溶けるとは言え、トイレットペーパーよりも丈夫なので

大量に流してしまうと、つまってしまいます。

 

 

ただ、この場合は、しばらく放置していれば

つまりが解消する可能性が高いです。

 

 

量にもよりますが、トイレットペーパーや

汚物であれば2~3時間くらい放置すれば

解消されることがあります。

 

 

掃除シートなど水に流せるけど

溶けるのに時間がかかるものは

解消されるまでに半日かかることもあります。

 

 

それこそ、朝つまらせちゃって

仕事や買い物に行っている間に解消されてた!

そんな場合もあり得ますね。

 

 

一方、トイレのつまりで自然に解消しないものは

水に溶けないものがつまった場合です。

 

 

コインとか洗剤の蓋とかもそうですし

女性であれば生理用品なんかも水に溶けないので

つまってしまったら自然に治ることは難しいです。

 

 

この場合は、放置してしまうと

もっと深いところでつまってしまったりと

直すのも大変になってしまいます。

 

 

なので、もし水に流れないものを流してしまって

トイレがつまった場合は自分で取れるのであれば

ゴム手袋などをして取り除いてください。

 

 

もし、取れそうだけど取れないとかの場合は

自分でやろうとすると、余計に奥に入って

行ってしまうので、この場合は業者さんに

お願いするのが確実です。

 

 

針金を使ったりして対処する方法もありますが

トイレを傷つけてしまう可能性があるので

無理をしない方が良いと思います。

 

 

あとは、水に溶ける物でも時間がたっても

トイレの中の水の量が変わらない場合

かなり重度なので、この場合は早めに業者さんに

依頼をすることをおススメします。

 

 

もう1つ。

つまっている原因がわからない場合も

業者さんにお願いして対処してもらう

ようにして下さい。

 

 

トイレの詰まりはスッポンがない場合も治せる?簡単な解消法を紹介!

 

トイレがつまった原因が水に溶ける物だと

わかっていて、放置している時間はない場合は

スッポンを使うと解消されます。

 

 

しかし、全ての家庭にスッポンがあるとは

限りませんよね。

 

 

家にスッポンがないのに、

トイレがつまってしまった場合は、

お湯洗剤を使えば早めにつまりを

解消することが可能です。

 

 

トイレットペーパーや汚物など水で溶ける物でしたら、

お湯を流せば水より早く溶けていきます。

 

 

40℃~60℃のお湯をバケツに汲んで

ゆっくり便器の穴の部分に向かって

流してみて下さい。

 

 

勢いよく流すと

お湯が飛ぶのでゆっくりですよ!

 

 

トイレットペーパーなどがお湯で溶けやすく

なりますし、流す勢いでザーっと流れていけるので

つまりが解消されやすいです。

 

 

掃除シートなんかもお湯を流せば

早く溶けてくれます。

 

 

ただ、お湯は熱すぎると便器や配管を

傷めてしまうので、お湯の温度は40℃~60℃

守ってくださいね。

 

 

トイレットペーパーだけじゃなく、

汚物がつまっている場合には洗剤が有効です。

 

 

洗剤にはタンパク質を分解する成分

入っているので、汚物が分解されやすくなります。

 

 

洗剤は食器用のもので大丈夫です。

 

 

バケツ1杯の水かお湯に洗剤を100cc入れて

お湯だけを流すときと同じく、ゆっくり

便器の穴に向かって流します。

 

 

このときのお湯も温度は気を付けてくださいね。

 

 

この2つの方法であれば簡単に対処できるので、

つまりの原因が分かった状態で軽度のつまりで

あれば試してみる価値はありますよ!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

トイレのつまりは本当に死活問題ですから、

つまってしまったら出来るだけ早く

解消したいですよね。

 

 

つまったものが何かを把握したうえで、

水に溶ける物であればスッポンを使ったり

お湯洗剤を流してみて対処をしてみて下さい。

 

 

簡単なので、すぐに出来ると思います。

 

 

もし、自分では対処できないつまりの場合は、

自分でやろうとすると悪化する可能性が

あるので、無理をせず、専門の業者さんに

来てもらってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました