紙おむつのリサイクル方法を解説!買取や回収をやってたりする?

子育て

 

お家に赤ちゃんがいたり介護が必要な人が

いる家庭で多く出るゴミが、

使用済みの紙おむつのですね。

 

 

私も子どもを4人育ててきましたが

赤ちゃんや子どものオムツは小さいけど

まぁ、結構な量の使用済みの紙おむつゴミ

出ますよね。

 

 

紙おむつを出す可燃ごみ収集日から

次の回収日まで、私の地域では週2回あるので

1週間もないのですが、多いときだと、

その3日くらいで45リットルのゴミ袋が

いっぱいになります。

 

 

これを全国で…って考えると

凄い量になるのが想像できますね…。

 

 

紙おむつは、ただ捨てるだけだと

タダのゴミになってしまいますが、

この紙おむつってリサイクル

することってできないのか…と思いません?

 

 

とはいえ「使用済み」って考えると

抵抗もあるし難しいでしょうか?

 

 

私の住んでいる地域は紙おむつは

可燃ごみなのでリサイクルできるなんて

思っていませんでしたが…。

 

 

でも調べていると、

使用済みの紙おむつを回収して

再利用できるようにする…そんな取り組みが

できるように開発を進められているのだとか。

 

 

今回は、紙おむつのリサイクルについて

自分なりにですが、調べたので、それを

紹介していこうと思います。

 

 

サイズアウトしたりして未使用で

余ってしまった紙おむつの使い道についても

紹介していきますので、参考にしてみて下さいね!

 

 

紙おむつのリサイクルに自治体はどう関わっている?取り組みを調査!

 

紙おむつのリサイクルについて、

各地域の自治体ではどういう形で

取り組みをされているのか…気になりますね。

 

 

環境省が2019年12月~2020年1月にかけて

全市区町村の廃棄物部局を対象にとった

アンケートの結果を参考に見てみると…。

 

 

使用済み紙おむつを他の収集ゴミと

分けた形での回収をしている自治体は

全体の5%でした。

 

 

う~ん…見てわかるように

多い数字ではないですね。

 

 

確かに、少なくとも私が住んでいる

地域の自治体では、使用済みおむつは

可燃ごみなのでおむつだけの回収はありません。

 

 

使用済み紙おむつはリサイクル対象ではなく、

可燃ごみと一緒に回収して焼却処分としている

自治体が多いんですよね。

 

 

でも5%は使用済み紙おむつを

リサイクル資源として回収して再利用を

できるようにしていると言うわけですよね。

ゼロではないんです。

 

 

で、どこの自治体が紙おむつの

リサイクル事業をしているか…ですが。

 

 

調べて出てきたのは福岡県福岡市

使用済み紙おむつのリサイクルが

出来る工場があるのがわかりました。

 

 

搬入エリアは福岡県をはじめとした

九州の4県と書かれていました。

 

 

回収の先行自治体として福岡県大木町の

取り組みを見ると、最初は使用済み紙おむつ

専用の回収ボックスの設置から始まっていました。

 

 

その後、有料の紙おむつ回収袋を販売

という形になっているようです。

 

 

更に自分で回収場所まで行けない

お年寄りのために自宅まで回収に

来てくれる事業も開始しています。

 

 

これ、全ての自治体で実施するのは

大変なことですよね。

 

 

使用済みの紙おむつは排せつ物が

ついているため、キチンと洗浄して

再利用できるように処理をしなければ

いけません。

 

 

専用の工場も必要ですから、

すぐに!とはいかないですよね。

 

 

でも、紙おむつのリサイクル事業が進んで

多くの自治体が取り組むようになったら

ゴミも減るし良いことも多くなりますから、

悪いことではないですよね。

 

 

未使用紙おむつもリサイクルできる?余ったおむつはどうしたらいい?

 

さて、使用済み紙おむつのリサイクル事業

まだ完全ではないにしても、少しずつ

普及していくと思うんです。

 

 

じゃあ、未使用の紙おむつは…?

って思いますよね。

 

 

赤ちゃんの紙おむつって、多めに買っても

予想外の速さでサイズアウトしてしまったりで

余ってしまうことありますよね。

 

 

未開封であれば誰かにあげたりする

こともできますし、メルカリとかで

売っているのも見たことがありますが、

困るのは開封した紙おむつですね。

 

 

うちも、たくさん

余らせてしまったことありました。

 

 

開封済みでも気にしないって言うような

ごく親しい友人や親せきがいればいいですが、

そんな都合よくいないことが多いですから

悩みましたね。

 

 

普通ゴミにしてしまうのは

もったいない気もするし…。

 

 

でも実は紙おむつって

意外と便利だったりするんです。

 

 

吸水性抜群なのでこぼした水や

ジュースを拭いたり揚げ物をした後の

油を捨てる時に油を吸わせたりと、

けっこう使い道があるんですよ。

 

 

生ごみを入れる袋の下の方に敷いておく

水分を吸ってくれるので、ゴミ袋から

臭い水が漏れたりとかも防ぐことができます。

 

 

未使用だからテーブルの上とかに

使っても問題ないですからね。

 

 

小さい子がいると色んなものを

こぼされたりしますから重宝します。

 

 

1パック分くらいならこれで

すぐ処分できちゃいますよ。

 

 

使ってからですから無駄にはしていないですから

余った紙おむつの消費に◎です。

 

 

また、紙おむつの寄付を募っている

団体もあります。

 

 

未開封でも開封済みでもOKと書かれているので、

もし、たくさん未使用の紙おむつが余っているなら

寄付も検討してみるといいかもしれないですね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

紙おむつのリサイクル事業を

全ての市区町村でやるには大変ではあります。

 

 

でも、確実にリサイクルできるように

事業が進んでいますから、近いうちに

一般的になるのではないでしょうか?

 

 

うちはもう赤ちゃんはいないので、

しばらくは紙おむつのゴミは出ませんが、

今度は介護をしなければいけない可能性が

あるので…。

 

 

そのころまでに紙おむつのリサイクル事業が

多くの自治体で行われるようになっていると

いいなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました