私だけ?ブーツで靴下が脱げるのはなぜ?脱げにくくする方法ある?

豆知識

 

ブーツを履いていると、

靴下が脱げることがありますね…。

 

 

靴下が脱げると履きなおさないといけないし、

歩く時も気になってしまうため、

すごく面倒で不快なもの!

 

 

今回はそこで、ブーツで靴下が脱げるときは、

一体どうしたら脱げないようにできるのか

ご紹介します。

 

 

ブーツ愛用者なのでしたら

絶対に知っておくと良いですよ!

 

 

ブーツの靴下が脱げないようにする裏技は?たったコレだけで解決!?

 

ブーツを履いている時や

履いた際に靴下が脱げるのはズバリ、

ブーツのサイズが少し大きいからなんですよ。

 

 

要するにブーツのサイズがピッタリで

ないから、靴下が脱げてしまうんです…。

 

 

ブーツを履いた時でも

靴下が脱げないようにするには、

ストッキングやタイツを履いて、

その上から靴下を重ね履きしましょう!

 

 

たったこれだけで、

ブーツが脱げないようになるんですよ!

 

 

筆者も以前、パンプスのサイズが

少し大きかった時は、ストッキングと

ニーソックスを重ね履きしました。

 

 

すると本当に履きやすく、

靴下が脱げることがなかったんです。

 

 

ストッキングやタイツと靴下を重ね履きすると、

繊維同士が足にぴったり密着するので、

ブーツがたとえ少し大きくても、

靴下が脱げないようになるもの。

 

 

ということでぜひ、ブーツを履いた時に

靴下が脱げるなら、ストッキングやタイツの

上に靴下を重ね履きしてみてくださいね!

 

 

この他には、ブーツの中に中敷きを入れて

サイズを調整する、というのもおすすめな

対処法です。

 

 

中敷きは100均でも購入できるので、

ブーツのサイズが足にピッタリ合ってないな、

という場合は、中敷きを活用していきましょう。

 

 

靴下が脱げるのって、案外簡単な方法で、

脱げないようにできるんですね!

 

 

覚えておくとかなり役立ちますよ。

 

 

ブーツの時靴下を履かない人はどれくらい?履かないデメリットとは?

 

ブーツの時に靴下を履かない

いう人は結構少ないですよ!

 

 

というのもやっぱり、

靴下を履かないでブーツを履くと、

足が蒸れやすくなってしまいます…。

 

 

足がブーツの中で蒸れてしまうと、

足が臭くなってしまったり、

雑菌がどんどん繁殖して、

水虫になってしまうことも!

 

 

ブーツの時に靴下を履かないって、

デメリットだらけなんですね…。

 

 

しかも靴下を履かないと、

ブーツの内側の感触が気持ち悪い、

と感じてしまうもの。

 

 

確かに素足で靴を履くと、

すごく気持ち悪いことがあります。

 

 

ということで、ブーツを履く時は

必ず靴下を履いてくださいね!

 

 

足のニオイを予防したり、水虫にならない

ためにも、靴下は必要なものですよ!

 

 

ちなみに筆者もブーツを履く時は、

必ずニーソックスかストッキングを

履いています。

 

 

靴下を履きたくないと感じた場合でも、

せめてストッキングやタイツを履くように

しましょうね。

 

 

まとめ

 

 

ブーツを履くと靴下が脱げる場合は、

ストッキングやタイツと靴下を

重ね履きすればOK!

 

 

繊維同士が密着するので、

脱げにくくなりますよ。

 

 

もしくはブーツに中敷きを入れて

サイズを調整してくださいね。

 

 

そして足の悪臭水虫にも繋がってしまうため、

ブーツを靴下なしで履くのはNG!

 

 

絶対にブーツを履く際には、

靴下かストッキングやタイツを

履きましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました