お昼寝って何歳まで必要なの?昼寝の効果と子供の成長の関係!

子育て

 

皆さんは、昼寝の効果と

子供の成長の関係を知っていますか?

 

 

「寝る子は育つ」なんて言いますが、

本当なのか気になりますよね。

 

 

しかし最近では「大人もお昼寝をすべきだ」

という話も聞いたことがあります。

 

 

大人でも必要であることを考えると、

やはり子供にとっては重要なものでしょう。

 

 

今回は、昼寝から起こすタイミングや、

子供の成長に関する昼寝の効果について

ご紹介していきます。

 

昼寝から起こすタイミングって?長時間の昼寝はダメなの!?

 

昼寝から起こすタイミングは、

睡眠周期によって変えましょう。

 

 

大人であれば90分周期ですが、

小さい子だと少し周期が変わってきます。

 

 

赤ちゃん~2歳まで:40分~60分

2歳~5歳:60分~80分

5歳以上:90分

 

 

だいたいこの時間を目安に起こすと、

機嫌もそこまで悪くならないでしょう。

 

 

長時間の昼寝は、夜の睡眠時にも

影響が出てしまうので控えましょう。

 

〇昼寝は何歳まで?

 

お昼寝は何歳まで、というのはありませんが

0歳~2歳までは必須です。

 

理由は、体力の回復や病気の予防、

ストレス解消、記憶力の維持など…。

 

成長する上で欠かせない理由が

たくさんあります。

 

寝すぎでなければ、

お昼寝はしたほうが良さそうですね。

 

昼寝の回数が多いのは?子供の成長に関係する昼寝の効果とは?

 

お昼寝は、先ほどご紹介したもの以外にも

成長する上で、重要な効果があります。

 

 

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されるため、

筋肉の発達や骨格形成、代謝をよくする作用

があると言われています。

 

 

成長時期であれば、このような効果は

非常に重要です。

 

 

その他にも、お昼寝は学力の向上にも

繋がると言われています。

 

 

お昼寝だけで・・・とは言えませんが、

寝ることも成長の要因の一つ、

ということでしょう。

 

 

そして、これは子供だけではなく

大人にも言えることです。

 

 

有名な某大企業なんかでは、

お昼寝タイムがあるそうですよ。

 

 

脳を適切な時間に休ませることで、

1日の過ごし方も違うものになるでしょう。

 

 

ダラダラ疲れたまま仕事すると、

効率も悪くなりますからね。

 

 

子供にも大人にも、「休み」は大事です。

 

まとめ

 

子供のお昼寝についてご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

 

お昼寝は、寝過ぎて夜寝に影響が

出ない程度であれば問題ないでしょう。

 

 

年齢によって起こすタイミングを変えれば、

機嫌もそこまで悪くないと思います。

 

 

お昼寝は、子供の成長にとって

欠かせないものだということがわかりました。

 

 

「寝る子は育つ」というのは、

本当だったんですね!

 

 

子供のお昼寝について気になる方は、

是非参考にしてみてください。

 

 

また、番外編として

お昼寝は「大人にも大事」だということが

分かりました。

 

 

適切に休みを取って、

効率よく仕事をしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました