今さら聞けない?クリーニングの出し方徹底解説!コートの出し方も!

豆知識

 

クリーニングの出し方って、

初めてだとイマイチよく分からないもの。

 

 

特にコートをクリーニングしてもらう場合は、

どんな注意点が必要なんでしょうか?

 

 

今回はそんな、初めての場合でも安心できる、

クリーニングの出し方を詳しくご紹介します!

 

 

コートの出し方もご説明するので、

衣替えの時も参考にすると良いですよ。

 

 

クリーニングの出し方の基本を解説!初めて出す人もコレで安心!

 

では早速、クリーニングを初めて利用する

あなたのために、出し方の基本を詳しく

ご説明します。

 

 

ボタンやダメージをチェックする

 

 

まずは初めてクリーニングに出す

衣類のボタンや、ダメージの有無

チェックしましょう!

 

 

ボタンが取れかけている場合は、

きちんと縫っておくと良いですよ。

 

 

そうすればクリーニングして

もらっている時に、ボタンが外れて

なくなってしまうことがありません。

 

 

また、破れやほつれなどのダメージを

チェックし、それをクリーニング店に伝えれば、

ダメージに注意して、コートなどの衣類を

キレイにしてくれます。

 

 

シミや汚れがないかチェックする

 

 

コートはもちろん、ジャケットなど衣類を

クリーニングに出す際は、シミ汚れがないか、

よく確認しておくこと。

 

 

万が一シミや汚れがあった場合は、

クリーニングに出す時、スタッフに伝えれば、

しっかりとキレイにしてもらえますよ。

 

 

ただし汚れやシミの度合いによっては、

完全に除去できるとは限らないので

頭に入れておきましょうね。

 

 

コートやジャケットやスラックスはポケットの中を空っぽに!

 

 

特に気を付けないといけないのは、

コートやジャケット、スラックスなどの

ポケットを空っぽにしておくこと。

 

 

ポケット内に何か物が入っていると、

クリーニング業者に迷惑をかけてしまうし、

大事なものや現金だったら、紛失する

可能性も…。

 

 

そうならないように、クリーニングに

持って行く前に、ポケットの中身は

完全に空にしておきましょうね。

 

 

以上が初めてコートなど衣類を

クリーニングに出す前の基本情報。

 

 

筆者は衣替えでコートをクリーニングに

出す際、ポケットやシミの有無を

必ずチェックするよう心掛けていますよ!

 

 

しっかりとボタンの状態やダメージやシミ、

ポケット内を確認したら、後はクリーニング店に

持って行き、連絡先を伝えるか業者によっては

会員登録して、料金を支払います。

 

 

そしてクリーニング仕上がり日を

教えてもらったら、引き換え伝票を

受け取りましょう。

 

 

この引き換え伝票がないと、クリーニングに

出した衣類を受け取ることが出来ないので、

必ず大切に保管しておいてくださいね!

 

 

意外と知らない!?クリーニングの出し方の疑問!袋には入れるべき?

 

クリーニングの出し方としては、袋に入れて

店舗まで持って行く、というのがおすすめ。

 

 

袋に入れておかないと、コートなどは

かさばるので、持って行くのが

大変になります。

 

 

でも、クリーニング店に衣類を出したら、

袋は必ず持ち帰るようにしましょう。

 

 

クリーニング店に袋ごと渡すと、持ち帰りを

頼まれたり、受け取られた場合でも

袋を処分されてしまいますよ!

 

 

クリーニングに出した衣類が仕上がった

時にも、持ち帰るためにまた袋が

必要になるので、クリーニング店に

出したら、袋は持ち帰りましょう。

 

 

そしてコートなど衣類のクリーニングが

仕上がったら、またその袋を持って行き、

クリーニングが済んだ衣類を入れて、

持ち帰るのがスムーズだし楽ですよ!

 

 

袋はやっぱり必要になるので、

クリーニングに出す衣類の量や大きさに

応じて、袋を用意しておきましょうね!

 

 

まとめ

 

 

クリーニングに出す時は、

ボタンをしっかり補強しておき、シミ

汚れなどをチェックし、ポケットの中も

空っぽにしましょう。

 

 

特にコートはポケットに何かしら

入っていることが多いので、

要チェックですよ。

 

 

そしてクリーニングに出す際と、

クリーニングが済んで持ち帰る際は、

袋が必要になってくるので、手頃な

大きさの袋を用意しておくと安心ですよ!

 

 

ぜひこれらのクリーニングの出し方を

参考にして、コートやスーツなどを

キレイにしていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました