実家の車にチャイルドシートが無い場合はどうする?つけなきゃダメ?

子育て

 

帰省中、赤ちゃんを連れて

車で出かけたいけれど、

実家の車にはチャイルドシートがない場合、

どうすればいいんでしょう?

 

 

これからのことも考えて実家の車にも

チャイルドシートをつけるべきか、

それともなくても大丈夫なのか

気になりますよね。

 

 

ということで今回は、

実家の車にチャイルドシートがない場合は、

買った方がいいのか、無くても大丈夫なのか

をご紹介します。

 

 

チャイルドシートは実家の車にはついてない!買わなきゃダメなの?

 

実は、赤ちゃんを車に乗せる場合、

チャイルドシートに座らせるのは

法律で義務化されているんですよ。

 

 

具体的には、6歳未満の幼児は、

チャイルドシートに座らせないと

車に乗せてはいけない

という法律になっているんです。

 

 

つまりチャイルドシートなしで

赤ちゃんを車に乗せるのはとても危険だし、

法律違反になってしまうんですよね。

 

 

そのため、

チャイルドシートはやっぱり必要

 

 

なくても抱っこして乗ればいい、

ということではないので、

しっかりと覚えておきましょう。

 

 

やっぱり赤ちゃんをのせるなら、

実家の車にもチャイルドシートが必要!

 

 

そうしないと赤ちゃんを車に

乗せることができないので、

無い場合は購入するなどして、

チャイルドシートを取り付けてもらいましょう。

 

 

帰省してチャイルドシートがない場合の対処法!買うかレンタル?

 

 

いくら6歳未満の幼児を車に乗せる際に

チャイルドシートが必要とはいえ、

チャイルドシートを帰省のたびに

持っていくのも大変ですよね。

 

 

ただでさえ荷物が多いのに、

折り畳めないチャイルドシートなんて、

持っていくのも一苦労してしまいます。

 

 

かといって、そんな頻繁に

帰省するわけにもいかないのに、

チャイルドシートを買うのも

もったいない気が…。

 

 

でも、もし毎年数回は帰省するのでしたら、

やっぱりチャイルドシートは

買っておいた方がいいですよ。

 

 

もしくはチャイルドシートをレンタルして

おきましょう。

 

 

地域によっては自治体でチャイルドシートの

貸し出しを行っている場合もあるし、

交通安全協会でもレンタルが出来る場合が

あります。

 

 

帰省先の自治体などを事前に

チェックしておくと良いですね。

 

 

もしくは、かしてネッとというサイト

では、チャイルドシートをはじめ、

ベビーカーなどのベビー用品や、

トラベル用品などのレンタルが出来ます。

 

 

これはとっても便利ですよね!

 

 

チャイルドシートが無い場合、

レンタル出来れば買う必要もないので、

安心して帰省先でも赤ちゃんを車に

乗せられます。

 

 

ということで、

チャイルドシートはレンタルをして、

帰省先の車に帰省中だけでも取り付けて

おきましょう。

 

 

まとめ

 

チャイルドシートが帰省先に無い場合は、

赤ちゃんを乗せる際は必ず取り付けないと

いけません。

 

 

6歳未満の幼児は車に乗せる場合、

チャイルドシートへ座らせることが

義務付けられているので、

くれぐれも抱っこした状態で

乗らないようにしましょう。

 

 

チャイルドシートがない場合は、

購入して取り付けるか、

レンタルをするのがおすすめですよ。

 

 

そんなに頻繁に帰省しないのでしたら、

レンタルする方がなにかとおすすめですね。

 

タイトルとURLをコピーしました