敬老の日って何かするもの?何歳からどうやってお祝いすればいいの?

マナー・ルール

 

毎年9月の第3月曜

「敬老の日」ですが、

皆さんは何かしていますか?

 

私のイメージでは

祖父母に感謝を表す日

という認識をしているのですが、

 

言われてみれば、

それが正しいのかわかりません…。

 

そもそも、敬老の日って

何かするものなんでしょうか?

 

また、相手が何歳から、

 どうやってお祝いをするものなのか

気になりますよね。

 

今回は敬老の日のプレゼントについてや

 何歳からお祝いが必要なのか

ご紹介します♪

 

敬老の日にプレゼントをあげる?あげない?何かするものなの?

 

まずは、「敬老の日」について

ご説明いたします。

 

敬老の日は国民の祝日の一つであり、

2003年から9月の第3月曜

変更されました。

 

多年にわたって社会に尽くしてきた

 老人、長寿を敬愛し、祝う日

とされています。

 

こうした意味があるのであれば、

やはりお世話になっている祖父母に

プレゼントをあげたり、

お祝いをしてあげるべきでしょう。

 

しかし、中には

「まだ老人じゃないから」

敬老の日を嫌がる方もいるそうです。

 

一応、65歳からお祝いするもの

とされているそうなので、

お祝いは65歳を超えてからにすると

いいでしょう。

 

敬老の日は何を言う?何歳からお祝いが必要なの?

 

先ほどもご紹介した通り、

敬老の日は、65歳から

お祝いしてあげるといいでしょう。

 

65歳前だと落ち込んでしまう方もいるので

65歳~がベストですね。

 

敬老の日についてはご紹介しましたが、

もう一つ気になることがあります。

 

それは、敬老の日って、

なんて声をかければいいのか…。

 

「いつもありがとう!」

「お世話になっています。」

「おめでとう!」・・・?

 

なんというか、

 

どの言葉が敬老の日に相応しいのか

分かりにくいですよね…。

 

というか、

特に「おめでとう」は

誕生日でもないのに、違和感があります。

 

年齢によっては、

嬉しくない方もいるでしょう。

 

もし何か言うのであれば、

やはり感謝の言葉がいいでしょう。

 

または、

「長生きしてくれて嬉しいです!」

「これからも元気でいてね!」

であれば、

 

祖父母も喜んでくれるのでは

ないでしょうか♪

 

まとめ

 

敬老の日についてご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

敬老の日をお祝いするのは

65歳を超えてからがいいでしょう。

 

豪華な食事くらいであれば、

年齢を問わずにお祝いするのも

いいと思います。

 

敬老の日には

プレゼントをあげたり、外食をしたりして

お祝いしてあげてくださいね♪

 

お祝いの言葉は感謝の気持ちを伝えると、

嬉しいでしょう。

 

それでは、素敵な敬老の日を

お過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました