知ってた?洋梨をお弁当に入れる時のコツ!変色を防ぐひと手間とは?

豆知識

 

洋梨をお弁当用デザートに

持っていきたいけれど、

時間が経つと変色してしまいますね。

 

 

一体なぜ洋梨は

変色してしまうのでしょうか?

 

 

また、お弁当に入れる場合には

変色を防ぐ方法はあるのでしょうか?

 

 

今回は

時間が経っても洋梨を変色させないコツ

を紹介します。

 

お弁当の悲劇!?洋梨が茶色に変色してしまうのはなぜ?

 

洋梨を含め、梨やリンゴなど

フルーツの中には、切って皮を剥いておくと

茶色っぽく変色してしまうものが

ありますね。

 

 

実はこの変色、フルーツに含まれる

ポリフェノールによるものなんです。

 

 

皮を剥いたり切っておくと、

果肉が空気に触れてしまいますね。

 

 

すると、

フルーツに含まれるポリフェノールは

空気中の酸素と化学反応を起こし、

酸化して茶褐色に変色してしまうんです。

 

 

味的にはあまり変わらなくても、

やっぱり変色してしまうと

見た目がよろしくないですよね…。

 

 

筆者も梨や洋梨が好きなので、

切ってから少し置いておいただけで

変色してしまうと、なんだか

すごくゲンナリしてしまいます…。

 

 

でも、この厄介な変色は、

ハチミツや砂糖を混ぜた水に

浸けておくことで予防できます。

 

 

大さじ2杯のハチミツ

水1カップに混ぜ、その中に

皮を剥いてカットした洋梨を

浸しておきましょう。

 

 

砂糖を使う場合は2カップの水

大さじ1杯の砂糖を溶かして、

そこに洋梨を浸しておいてください。

 

 

すると、

ほんの5分ほど浸しておくだけでも、

なんと変色を1日ほど抑えられるので

とっても安心!

 

 

ハチミツや砂糖を入れた水に

浸しておくと、表面がシロップで

コーティングされた状態になるので、

変色しにくくなるんですよ。

 

 

他に塩水やレモン水に浸した場合でも、

同じように変色を食い止めることが

出来るんですが、少し味が変わってしまいます。

 

 

でもハチミツや砂糖水に浸しておけば、

味が酸っぱくなったり

しょっぱくなったりしないので

安心なんです!

 

 

ちなみに、炭酸水

数分浸けておくだけでも、

同じように変色を防げるので

とってもお手軽ですよ。

 

 

お弁当に洋梨を入れる際は

ぜひお試しください。

 

簡単レシピできれいに美味しく!洋梨のコンポートを変色させずに作るコツ

 

洋梨はコンポートにしておけば、

より変色がしにくくなりますよ。

 

 

砂糖やレモン汁などを加えた

シロップに漬け込むことになり、

しかも加熱をすることによって、

さらに変色を効果的に防げるんです。

 

 

でもコンポートを作るのって

ちょっと大変そうな気がしませんか?

 

 

ところが、

とっても簡単で洋梨を美味しく食べられて、

もちろん変色も防げるレシピを見つけたので

リンクを貼っておきますね。

 

 

洋梨のコンポートのレシピはコチラ

 

 

手順はとっても簡単だし、

材料もシンプル。

しかも変色せずに出来上がっていますね!

 

 

ちなみに、熟してしまった洋梨だと、

コンポートにしても変色しやすくなるので

出来れば新鮮で熟れすぎていないもの

使うと良いでしょう。

 

まとめ

 

皮を剥いて時間が経った洋梨が

変色してしまうのは、

果肉に含まれるポリフェノール

空気中の酸素に触れることで酸化し、

茶褐色になってしまうからなんです。

 

 

でもハチミツや砂糖を溶かした水に浸して

おけば、1日は変色を防ぐことが出来て

とっても安心。

 

 

また、新鮮なうちに洋梨を

コンポートにしておいても、

変色をしっかりと予防できますよ!

 

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました