タッパーに臭いがついちゃった!キムチの強烈な臭いを消すには!?

豆知識

 

キムチをタッパーに入れておいたら

臭い移りしてしまった!

 

 

こんな時って

どうすればいいんでしょうか?

 

 

キムチの臭いって

洗ってもなかなか取れませんよね…

 

 

今回は

タッパーにしみ込んでしまった、

キムチの臭いを消す方法を紹介します。

 

タッパーの臭いに重曹は有効?キムチの臭いを取る方法!

 

キムチを入れておいたタッパーは

普通に洗っても臭いが取れないので、

重曹を使ってみるといいですよ!

 

 

まず、タッパーの底が

覆われるくらい重曹を入れ、

 

ぬるま湯をタッパーの

半分くらい注いで蓋をし、

バシャバシャと、よく振ってください。

 

 

あとは5~10分ほど置いておき、

そのあとは普通に

スポンジで洗い流せばOK!

 

 

重曹って強い消臭効果があるので、

キムチの強い臭いも

しっかり取れるでしょう!

 

 

それでもまだ臭いが残っていたら、

今度は重曹ペースト

使ってみるといいですね。

 

 

まず適量の重曹に

水を少しだけ加えて練り

ペースト状にしていきます。

 

 

そしてタッパーの内側

ペースト状にした重曹を

塗っていきましょう。

 

 

そのまま、1日置いておき

あとはしっかりお湯で洗い流せば、

よりしっかりとタッパーの消臭

できますよ!

 

 

重曹って本当に

色々なことに役立つんですね!

 

 

我が家でもよくタッパーに

漬物を入れておくので、

臭いが気になった時に使っています。

 

 

ちなみに、重曹がない場合には、

タッパーに塩を大さじ2~3杯入れて

水を半分そそぎ、パシャパシャ振ってみても

消臭効果が得られますよ

 

タッパーの臭いをとるには酢も使える!簡単漬け置きのやり方!

 

タッパーにこびりついた臭いを取るには

を使うのも効果的なんです。

 

 

特にキムチ臭がしみついてしまってから、

時間が経ったタッパーには、

酢で消臭するのが適していますよ。

 

 

方法としては、

「酢1:水2」の割合で混ぜた酢水を作って

タッパーに入れておき、

15分間、そのままにしておくだけ。

 

 

15分経ったら、しっかりタッパーを

洗剤で洗いましょう。

 

 

するととっても簡単に

時間が経った臭いも消せるんですよ!

 

 

ただし、あまり長時間

酢水をタッパーに入れておくと、

今度はタッパーにお酢の臭いが

ついてしまうのでご注意を。

 

 

酢水の他に、米のとぎ汁をタッパーに入れ

一晩置いておいた場合でも、

同じように臭いを消すことができますよ。

 

 

ただし臭いは消せても、

キムチのがしみついてしまったら、

ホワイトニング効果のある歯磨き粉

こすり洗いしてみてください。

 

 

そうすると意外と簡単

キムチの着色汚れも

落とせるので安心ですよ。

 

 

もちろん消臭や着色汚れの除去には、

塩素系の漂白剤を使ってもいいんですが、

やっぱり残留塩素が気になりますよね。

 

 

でも重曹や酢などでしたら、

自然由来のものなので

食べ物を入れておくタッパーに使っても

安心ですよ。

 

まとめ

 

 

タッパーにしみついた

キムチの臭いを取るなら、

重曹とぬるま湯を入れて振っておくか、

ペースト状にした重曹を塗っておくのが

おすすめです。

 

 

また、酢水を入れておけば、

臭いがついてから時間が経ったタッパーでも

しっかり消臭することができますよ。

 

 

塩や米のとぎ汁も意外と効果的なので、

ぜひキムチ臭がしみこんだ

タッパーを消臭してみましょう!!

 

タイトルとURLをコピーしました