日焼け止めの臭いが服につくのってイヤ!なんとかならないの!?

豆知識

 

日焼け止めの臭い

服につくのってすごく嫌ですよね。

 

 

筆者も日焼け止めの臭いがすごく苦手で

夏場とか日差しが強い時期は

本当に困ってしまいます…。

 

 

そこで今回は、

日焼け止めの臭いが

服についたときの対処法をご紹介!

 

 

日焼け止めが臭うワケも解説するので、

これをうまく回避して、

夏場を快適に過ごしましょう。

 

日焼け止めの臭いがする原因って何?原料の何が臭うの?

 

日焼け止めってなんだか

独特な臭いがしませんか?

 

 

しかもその臭いは、洗っても

なかなか落ちないのでとっても厄介…。

 

 

実はこの臭い、日焼け止めに含まれている

紫外線散乱剤が原因とされているんですよ!

 

 

紫外線散乱剤には、主に酸化チタンや

酸化亜鉛などの成分が入っており

顔の皮脂と混ざったり、

紫外線に当たることで

独特な臭いを発してしまいます。

 

 

また、日焼け止め自体が劣化していると

紫外線散乱剤の成分も酸化してしまい、

臭いがキツくなってしまうことが

あるんですよね…。

 

 

汗と日焼け止めが混ざり合っても、

やっぱり独特の臭いが

強くなってしまうでしょう。

 

 

そのため、無香料無添加

シトラス系のフレグランス付きや、

オーガニックの日焼け止めを

使うのがおすすめです。

 

 

そうすればあの独特の臭いを感じないので、

日焼け止めを快適に使うことが出来ますよ。

 

 

ただしそれでも、

日焼け止めの使用期限が過ぎていると、

やっぱり臭いがするようになってくるので、

日焼け止めは毎年新しいものを買って

使うようにしましょう。

 

日焼け止めの臭いを消すには?服についたのも何とかしたい!

 

日焼け止めが服に付着してしまい、

臭いもついてしまった時は、

以下の方法で落としていくと良いですよ。

 

クレンジングオイルで落とす

 

服に付いた日焼け止めは

クレンジングオイル

使って落としておきましょう。

 

衣日焼け止めがついてしまった部分に

クレンジングオイルをつけ、

綿棒で優しくこすったり、

揉み洗いをしていきます。

 

次に食器用洗剤を少し垂らし、

同じように揉み洗いをしていきましょう。

 

食器用洗剤は油分の分解に

とても効果的なので、

日焼け止めやクレンジングオイルを

しっかり落としてくれますよ。

 

その後はぬるま湯で軽くすすいだら、

いつも通りにお洗濯しましょう。

 

 

重曹を使って落とす

 

洗面器やバケツなどにぬるま湯を張り、

そこに重曹を適量入れて溶かしておきます。

 

あとは日焼け止めの臭いが付いた服を

10分~15分つけてから洗濯すれば、

臭いをしっかり落とすことが出来ますよ。

 

重曹ってしっかりとした消臭効果があるので、

日焼け止めの臭いも簡単に落とすことが

出来ますよ。

 

***

ということで、日焼け止めの臭いは、

クレンジングオイル重曹

対処していってくださいね!

 

まとめ

 

日焼け止めの臭いは、

紫外線散乱剤の成分によるもので、

皮脂や汗と混ざりあったり、

紫外線に当たることで、

独特の臭いを発するように

なってしまうんですよね…。

 

 

そのためフレグランス系や無添加無香料、

オーガニックの日焼け止め

使うのがおすすめ。

 

 

また服についた日焼け止めの臭いも、

クレンジングオイル重曹

簡単に落とせますよ。

 

 

ぜひ試してみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました