秋刀魚の内臓は取らないで焼くの?苦いけど食べられるって本当!?

豆知識

 

皆さんは、

秋刀魚の内臓はどうしていますか?

 

 

私は気分によって内臓を取ったり、

取らなかったりしていますが、

基本的には食べません。

 

 

食べられないことはないのですが、

なんとなく苦手なんですよね…。

 

 

しかし、秋刀魚の内臓について調べてみると、

実は美味しいということがわかりました!

 

 

今回は、秋刀魚の内臓についてご紹介します♪

 

秋刀魚の内臓って食べれるの?実はおいしいのは内臓なの!?

 

結論から言うと、

先ほどもチラっと言いましたが、

秋刀魚の内臓は食べることができます♪

 

 

内臓好きの方にとっては、

嬉しい情報ですね!

 

 

しかし、私のように苦味や見た目が

苦手で食べない、という方もいるようです。

 

 

ですが害のあるものではないので

ご安心ください。

 

 

秋刀魚の内臓(消化器官)は、

1本の管になっています。

 

 

また、胃などはなく、

秋刀魚がエサを食べても

30分程で消化されるとのこと。

 

 

そのため、

新鮮な秋刀魚であれば

臓も食べられるんです♪

 

 

ちなみに、秋刀魚には

寄生虫がついていることがあります。

 

 

「ラジノリンクス」という赤い虫なのですが、

見かけた場合は処分してください。

 

 

やはり寄生虫がついたまま食べるのは、

あまり気分がいいものではないので…。

 

秋刀魚の内臓は苦いけどおいしい!栄養たっぷりで食べなきゃ損!

 

秋刀魚の内臓には、

とっても栄養があるんです♪

 

 

それでは、秋刀魚の内臓の

栄養や効能などをご紹介します!

 

ビタミンA

 

粘膜を強くする働きや、

免疫力アップ効果などが期待出来ます。

 

また、成長促進作用もあると言われています。

 

ビタミンB1、2

 

ヘモグロビンの生成を

助けてくれる作用があります。

 

その他には神経機能を正常に保つ効果などが

あると言われています。

 

鉄分

 

こちらも、ヘモグロビンの生成を

助けてくれる作用があります。

 

貧血気味の方

積極的に取りたい成分の一つです。

 

カルシウム

 

歯や骨の形成、

ストレス解消効果などがあります。

 

その他には、出血を止める力などもあり、

私たちには欠かせない成分です。

 

***

また、そのほかにも

EPADHAビタミンDビタミンE

なども含まれています。

 

内臓だけでこんなにたくさん

重要な栄養分が入っているのですから、

好き嫌いせずに食べた方が良さそうですね♪

 

まとめ

 

秋刀魚の内臓は、食べることができます。

 

むしろとても栄養が含まれているので、

積極的に食べるようにしましょう!

 

ただし、寄生虫を発見した際は、

よけるか処分してくださいね。

 

それでは、秋刀魚を食べて

健康に過ごしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました