ミニトマトの蕾がつかないのはなぜ?初心者さんの家庭菜園入門!

豆知識

 

初心者向けの家庭菜園とも言われている

「ミニトマト」!

 

 

ですが、ミニトマトについて調べてみると

「ミニトマトの蕾がつかない…」

という声を見かけました。

 

 

初心者向けとも言われているのに、

なぜ蕾がつかないのでしょうか?

 

 

今回は、

ミニトマトの蕾が落ちる・つかない原因

大きく育てるコツとポイントをご紹介します♪

 

ミニトマトの蕾が落ちる…蕾がつかない…うまくいかない原因とは?

 

ミニトマトの蕾が落ちたり、

蕾がつかないのには

ちゃんとした“原因”があります。

 

 

それは「肥料の与えすぎ」です。

 

 

ミニトマトは肥料を与えすぎてしまうと

“栄養成長”という作用を起こし、

ミニトマトの体自体を大きくしてしまいます。

 

 

そのため、肥料を与えすぎると、

蕾が落ちたり、蕾がつかなかったり、

が起きてしまうのです。

 

 

ミニトマトの蕾が落ちる・つかない方は、

一度肥料を与えるのを控えてみてください。

 

 

そうすると、蕾がつきやすくなりますよ♪

 

ミニトマトの蕾が小さい!大きく育てるコツとポイント!

 

ミニトマトの蕾が小さい原因は、

先ほどもご紹介した通り

「肥料の与えすぎ」です。

 

 

ミニトマトが家庭菜園の

初心者向けと言われている理由は、

ある程度放っておいても“勝手に育つ”からです。

 

 

なので、あまり手を加えすぎず、

肥料を与えすぎずをポイントに

するといいでしょう。

 

ミニトマトの成長を促すコツをご紹介!

 

ミニトマトが育ちやすいと

言われていることはご紹介しましたが、

ただ放置するだけではもちろんダメです。

 

コツとしては、

「日当たりの良い場所」

「肥料を与えすぎず」

育てることです。

 

この2つのコツがポイントとなるので

覚えておきましょう♪

 

ベランダ育てるのであれば、

日当たりの良い南側をおすすめします。

 

後は水やりについてですが、

乾いているようであれば

たっぷりと水をあげてOK!

 

とても簡単なので、

“様子をうかがう”程度

育ててみてください♪

 

まとめ

 

ミニトマトの蕾が落ちる・つかない原因や

大きく育てるコツとポイントを

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ミニトマトの蕾が落ちる・つかない原因は

「肥料の与えすぎ」によるものでした。

 

また、大きく育てるコツ・ポイントとしても

肥料の与えすぎには注意してください。

 

ミニトマトはある程度放置しても

勝手に育ってくれるものです。

 

日当たりと水やりだけには十分注意し、

後は放っておいても大丈夫でしょう。

 

少しでも参考になれば幸いです♪

 

タイトルとURLをコピーしました