バスタオルって何年使う?意外と知らないバスタオルの寿命の目安!

豆知識

 

皆さんはどのタイミングで

バスタオルを買い替えていますか?

 

 

お風呂上がりに使うものなので、

清潔な状態で使い続けたいですよね。

 

 

とはいえ、「まだ使えるのに

買い替えるのももったいない」

と思う気持ちもわかります。

 

 

そこで今回は、

バスタオルを処分すべきか迷っている方の為に

捨て時長持ちさせるコツについてご説明します。

 

バスタオルを交換する目安って?臭わなければずっと使える!?

 

実はバスタオルには寿命があります。

 

 

同じタオルを使い続けていると、

繊維が傷んで固くなってしまうのです。

 

 

ホテルでは、タオルは洗濯30

交換していることから、一般家庭でも

「洗濯回数が30回を超えたら買い替える」

というのが目安になっているようです。

 

 

期間でいうと、だいたい

半年~1年ぐらいになります。

 

 

調べてみたところ、

「1年使ったら買い替える」

という家庭が多かったです。

 

 

少しでも持ちさせるためには、

なるべく他の洗濯物と一緒にはせず、

たっぷりの水で、柔軟剤の代わりに

重曹やクエン酸を使って洗うのが

お勧めです。

 

 

柔軟剤を使うと、タオルの吸水性が落ちて

パイルが抜けやすくなるからです。

 

 

また乾かすときには乾燥機は使わず

風通しの良い日陰で自然乾燥させると

長持ちしますよ!

 

バスタオルの捨て時を知りたい!買い替え時のサインはこれだった!

 

前章でバスタオルの買い替え時の目安は

「洗濯回数30回程」

「半年~1年ぐらい」

とお伝えしました。

 

 

もちろんそれはあくまで目安であり

もともとのタオルの質や、

利用頻度、洗濯方法などによっても

変わってきます。

 

 

なので、捨て時かどうか

タオルの状態から見分ける方が

わかりやすいかと思います。

 

 

具体的には、

 

・生地が薄くなってきた

・ゴワゴワしてきた

・臭いが取れなくなってきた

・黒いポチポチがある(黒カビが原因)

・赤っぽく変色している(赤カビが原因)

 

という状態になったら捨て時です。

 

 

特に黒い斑点がある場合や

赤茶色く変色してきた場合は

カビの可能性があるので

早めに処分しましょう。

 

 

いらなくなったバスタオルは雑巾にして、

小さく切って掃除に使うのがお勧めです。

 

まとめ

 

ご自宅にあるバスタオルは使い始めてから

どのくらい経ちますか?

 

 

ゴワゴワする、臭いがする、

黒いポチポチがある・・・

といった状態なら、雑巾にして使い、

そのまま処分してしまいましょう。

 

 

せっかくお風呂に入ってきれいになったのに

バスタオルが不潔な状態では

肌が荒れてしまうので、

タオルの状態から判断し、

思い切って買い替えましょう。

 

 

もちろん今回ご説明した内容は

バスタオルだけでなく、

フェイスタオルなどの

他のタオルにも当てはまります。

 

 

タオルは肌に直接触れるものなので、

ご自身の肌を守るためにも

ぜひ清潔なものを使ってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました