新幹線で子供を膝の上に座らせる場合はどうなの?料金と座席問題!

子育て

 

新幹線って、基本的に幼児など

小さい子は無料だけれど、

座席に座らせることが

出来ない場合もあるんですよね。

 

 

そんなときはやっぱり

子供を膝の上に座らせておくべき?

 

 

でも長時間の新幹線移動だと

疲れてしまうかも…。

 

 

今回は

新幹線で子供は膝の上に座らせるべきか、

指定席をとっておくのがいいのか

をご紹介します。

 

新幹線で子供が立つのはかわいそう?無料の場合は座れないことも!

 

6歳未満の子供でしたら、

新幹線で同伴する保護者の膝に座る場合は、

無料で乗車をすることが出来ます。

 

 

もちろん席が空いていれば、隣の座席に

お子さんを座らせても良いんですが、

 

混雑してきたり、隣の指定席を

他人がとっている場合は、

子供一人で座席に座る、ということが

出来なくなってしまうんですね。

 

 

隣の座席が空いていない場合は、

親の膝に座らせることになります。

 

 

ちなみに、

小学生(6歳~12歳未満)の子供は、

たとえ親の膝に座っていたとしても、

子供料金がかかるので、

あらかじめ覚えておきましょう。

 

 

あくまでも、無料なのは

0歳~6歳未満の子供を

膝にのせた場合のみです。

 

 

子供の分も指定席を取っていない場合は、

新幹線乗車中はずっと膝の上に座らせておく

ということになってしまうんですね。

 

 

もちろん子供を立たせる

という方法もあるんですが、

乗車中は立っているとすごく危険なので、

お子さんもなるべくは座らせた方がいいですよ。

 

新幹線の座席がとれないと立つしかない?子供にも指定席をとるべき?

 

いくら小さい子とはいえ、

お子さんをずっと膝の上に座らせておくって、

かなり大変だったりするんですよね…。

 

 

大人しく膝に座っていてくれないことも多いし、

何より親御さんも疲れてしまうでしょう。

 

 

特に長時間新幹線に乗っているのなら、

やっぱりお子さんの分も指定席を

購入しておくのがおすすめです。

 

 

その方が親御さんも快適に乗車できるし、

混雑してきても、お子さんを膝に

座らせたりしなくて済みます。

 

 

特にお子さんが3歳以上なら、

膝に座らせ続けるのはかなりキツいので、

しっかりと指定席を確保しておくのが

理想ですね。

 

 

確かに子供一人分なのに、

ちょっともったいない気もするけど、

乗車中がかなり楽になるし安心なんです。

 

 

特に年末年始やお盆休み、

ゴールデンウィークなど、

新幹線が混雑する時期は、

絶対に指定席をお子さんの分も、

しっかりとっておくのがいいですね。

 

 

自由席だと空いていないことも多いし、

お子さんを膝に座らせないと

いけない場合もありますので。

 

 

結局のところ、新幹線では小さい子供の分も、

指定席があった方が何かと良いですね。

 

 

でもお子さんを膝に座らせる場合は、

一人だとキツいので、ご両親で交代して

膝に座らせるなどしましょう。

 

 

まとめ

 

小さい子供と新幹線に乗る場合は、

確かに膝に座らせれば

乗車賃は無料になるけれど、

大変だしかなりキツいんですよね。

 

 

隣の座席が空いていても、

混雑してきたりすると、

席を空けないといけません。

 

 

特に長時間新幹線に乗るのでしたら、

お子さんの分も指定席を購入すべし。

 

 

その方が混雑していても

確実にお子さんも座席に座らせられて、

乗車中がとっても快適になりますよ!

 

タイトルとURLをコピーしました