日焼け止めの塗り直しができない…それでも焼けないようにするには?

ライフハック

 

学校の規則って、たまに理不尽で

意味不明なものがありますよね。

 

調べた中でビックリしたのが

「日焼け止め禁止」の規則です。

 

女子にとって、「日焼け止め禁止」

なんてありえないルールです。

 

今回は、学校の規則で

日焼け止めを禁止されている

女子に向けて、色々とご紹介します。

 

日焼け止めを学校では塗り直しできない!焼けない方法ってある?

 

日焼け止めが禁止されているとはいえ、

朝、家で塗っていくことは可能です。

 

 

しかし、困るのが「塗り直し」ですよね。

 

 

個人的には隠して持っていき、

トイレで塗り直せばいいのでは?

と思ってしまいます。

 

 

いくら学校の規則とはいえ、

日焼け止めを隠し持っているくらいでは

そこまでの問題にはならないでしょう。

 

 

ですが、中には規則は絶対に守りたい!

という女子もいると思います。

 

 

そんな女子におすすめなのが

「飲む日焼け止め」です。

 

 

■「ホワイテックス」

 

 

 

例えばこの商品は「飲む日焼け止め」です。

楽天やAmazonなどで「飲む日焼け止め」

検索するとたくさん出てきます。

 

 

塗り直しがどうしても出来ないようであれば、

こうしたサプリメント

服用するといいでしょう。

 

日焼け止めを塗らないとどうなる?紫外線の怖さとやるべき対策!

 

日焼け止めを塗らないとどうなるのか

ご紹介します。

 

ファンデーションでも隠せないほどのシミができてしまう!

 

若いうちは、まだ

シミができることは無いでしょう。

 

しかし、年齢を重ねることに

紫外線によるシミが出来てしまいます。

 

日焼け止めを塗らないことで、

ファンデーションでも隠せないほどの

シミができてしまった…。なんてこともあります。

 

シミ予防のためにも、

日焼け止めは必須と言えるでしょう。

 

細かいシワの原因に!

 

日焼け止めを塗らないことで、

目元や口元の細かいシワの原因

なる可能性が高いです。

 

年を重ねないと分からないことなのですが、

将来必ず後悔します。

 

日焼け止めは必ず塗りましょう。

 

まとめ

 

学校の規則で日焼け止めを禁止されている

女子に向けて色々とご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

日焼け止めは、将来のお肌を守るために

必ず必要なものです。

 

規則があまり気にならないのであれば、

隠れて塗ってしまって構わないと

私は思います。

 

しかし規則を守りたいのであれば、

日焼け止めのサプリメントでもいいので

服用しましょう。

 

お肌のため、年を重ねたときのことを考えて

日焼け止め対策を行いましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました