頑固なコップの茶渋汚れまで!重曹があればピッカピカに!?

ライフハック

 

コップの茶渋汚れを発見した時は、

「ああ・・・そろそろ洗わなくちゃ」

なんて思うのですが、

他の物もついでに、と思っているうちに

どんどん時間が過ぎていってしまいますよね。

 

 

確かに、漂白剤はとても便利です。

しかし、洗剤の洗い残し

気になることがありませんか?

 

 

しっかり洗っているつもりなのに、

洗剤が家族の口から体内に入っていくと思うと

恐ろしいので、食品としても使うことができる、

重曹に注目してみました。

 

 

これなら、万が一重曹が洗い残されて

口に入っても気にならないでしょう。

 

 

では早速、重層の効能と

重層を使ったコップの洗い方

紹介していきたいと思います。

 

コーヒー渋は重曹で簡単に落とせるんです!

 

普段よく家で飲むものとして、

コーヒーが挙げられますよね。

 

 

コーヒー渋は、お茶よりも

頑固なイメージがありませんか?

 

 

しかし、その汚れも

重曹で簡単に落とせるのです!

 

 

コーヒー渋の汚れはかなり頑固なので、

沸騰させた熱湯にも

登場していただきましょう。

 

 

コーヒー渋を身近にある重曹で落とす手順は、

下記のようになります。

 

1)コーヒーカップの底が隠れる程度に重曹を入れる

 

2)沸騰させた熱湯をカップに注ぐ

 

3)5分以上放置する

 

 

そして重曹水を捨て、

スポンジで洗ってみると・・・

キレイに取れているんです!

 

 

では、なぜ水ではなく熱湯を使うのでしょうか。

 

 

何かに反応を与えたい場合、

温度が高いほうが効果が加速するんです。

 

 

その他に私がよくやるのが

「台ふきんの煮洗い」ですが、

これによって汚れ落ちが加速するのも、

きっと同じ原理なのでしょう。

 

コップは漂白剤につけて放置すればOK!?

 

暑い夏には、冷たいお茶を1日に何度も

飲んでしまいますよね。

 

 

そうすると、

夏の終わりにはコップに茶渋がいっぱい!

なんてことになってしまいがちです。

 

 

しかし、まとめて漂白剤につけていると

普段使いのコップが少なくなり、とても不便。

 

 

そして、水を飲む際に洗い残った漂白剤

口から入ってしまう可能性を考えると、

やはりよろしくないですよね。

 

 

コップをまとめて漂白剤につけて放置すれば

確かに簡単ですが、やはり

その都度対処することが大事です。

 

 

そんな時に、重曹が活躍してくれるんです。

 

 

スポンジに重曹をつけて洗うだけで、

茶渋が取れてしまいます。

手間もなく、とても簡単です。

 

まとめ

 

コップ類の茶渋との格闘は、

キッチンに立っている以上、

ずっと続くものでしょう。

 

 

最後に、手間を軽減するために

大活躍してくれる重曹の働きについて、

まとめたいと思います。

 

 

1)茶渋の汚れは酸性で、重曹はアルカリ性。

うまく中和して使うことができる

 

2)熱湯消毒ができるコップは、

重曹と熱湯の組み合わせで、よりよく落ちる

 

3)重曹は用途が広く、コップの茶渋のみではなく

さまざまなシーンにも活用できる

 

4)ガラスコップの茶渋も、重曹を使えば

キレイに落とすことができる

 

 

今では漂白剤の出番はほとんどなくなり、

わが家でも、重層が大活躍しています。

 

 

みなさんも、重層を使って

安心・簡単に、コップの汚れを落としましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました