フリースの静電気がすごいんですけど!どうやって防げばいいの!?

豆知識

 

冬場はフリースの衣類を着ると、

とても暖かいですが、静電気がすごいですよね。

 

 

着たり脱いだりするたびにバチバチとして、

冬場は本当にうんざりしてしまいます…。

 

 

筆者もよく冬になるとフリースを着るので

静電気には困ってしまうんですよね。

 

 

フリースの静電気って洗濯の仕方などで

防げるものなんでしょうか?

 

 

今回はそんな、

フリースの静電気がすごい場合の対策を紹介します。

 

フリースの静電気防止をするには?洗濯する時の注意点とは!?

 

フリースの静電気を防止するにはズバリ、

柔軟剤グリセリンを使うのがベストですよ。

 

 

そもそもフリースに静電気が

発生してしまうワケは、

繊維同士の摩擦によるものなんですよね。

 

 

そこで、柔軟剤やグリセリンを使うことで、

繊維の摩擦を抑えてくれるので、

静電気が発生しにくくなるんですよ。

 

 

ということで、フリースを洗濯した際は、

仕上げにぜひ柔軟剤やグリセリンを

使っていきましょう。

 

 

柔軟剤を使う場合は必ず

色柄物にも使用OKなものを選び、

洗濯の仕上げに投入するといいですよ。

 

 

ただし、柔軟剤はたくさん入れれば

いいというものではないので、

必ずボトルに記載されてある使用量の

目安通りに使いましょう。

 

 

ちなみに、我が家もそうなんですが、

柔軟剤を持っていない家庭もありますよね。

 

 

そんな時は、柔軟剤の代わりに

髪のケアに使うリンスを投入しましょう。

 

 

リンスも柔軟剤と同じ効果があるので、

洗濯に使えば静電気が発生するのを

抑えられますよ。

 

 

敏感肌の人や小さいお子さんがいる家庭は、

柔軟剤よりもグリセリンを使う方が安心です。

 

 

大さじ1杯くらいのグリセリンを

柔軟剤の代わりとして使って洗濯すれば、

柔軟剤と同じようにフリースの

静電気を抑えられますよ。

 

 

ただし、グリセリンは

薬局でも購入できますが、

必ず合成ではなく天然のグリセリン

使うようにしましょう。

 

 

また、グリセリンがあれば、

静電気を予防するスプレーも作れますよ。

 

 

スプレーボトルにグリセリンを

小さじ1杯ほどと水を100㏄入れ、

よく振って混ぜればグリセリンスプレーの完成。

 

 

これをフリースに着る際スプレーしておけば、

静電気でバチバチすることなく

脱ぎ着が出来ます。

 

 

静電気って案外簡単な方法で

防ぐことが出来るんですね!

 

フリースをパジャマにしたら静電気がすごい!正しい対応法!

 

冬場は寒いからフリースをパジャマにしたら、

静電気がすごいことになりますよね。

 

 

パジャマだと布団の中に入るわけなので、

あまりスプレーを使いたくない人もいるでしょう。

 

 

そこで静電気対策におすすめしたいのが、

部屋をしっかりと加湿をしておくこと。

 

 

静電気が発生するのは

基本的に空気が乾燥している冬。

 

 

つまり部屋の湿度を高くすれば、

静電気が起こりにくいんです。

 

 

寝室には加湿器をつけたり、

濡れたタオルを干すなどして、

湿度を保つようにすると良いですよ。

 

 

そうすれば静電気も発生しにくくなり

快適にパジャマを着られますね。

 

 

特に寝室を加湿しておくということは、

お肌や喉の乾燥も防げるし、

ウイルス対策にもなるのでとっても効果的。

 

 

ぜひ冬場は静電気を抑えるためにも

加湿をしていきましょう。

 

まとめ

 

 

フリースの静電気がすごい場合は、

洗濯の際、仕上げに柔軟剤やリンス、

グリセリンなどを使って、

繊維の摩擦が起きないようにしましょう。

 

 

また、フリースのパジャマを着る場合は、

部屋を加湿しておくようにすると、

静電気を起こしにくくなりますよ。

 

 

冬場は柔軟剤やグリセリンを駆使したり、

加湿をして静電気を抑えていきましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました