酸っぱいみかんの使い道って?みんなやってるみかん活用法!

 

酸っぱいみかんって、

そのまま食べるのは難しいけれど、

捨ててしまうのももったいないですよね!

 

 

ぜひとも上手く活用して食べたいところ。

 

 

ということで、今回は

箱いっぱいのみかんが酸っぱい時、

無駄にせず消費できる方法を紹介します。

 

目次

酸っぱいみかんでも栄養はばっちり!おいしく食べるみかんレシピ!

 

冬はやっぱりみかんですよね!

 

 

でも、段ボール箱いっぱいに入ったみかんを

もらったり、買ったはいいけれど、

食べてみて酸っぱいとかなりショック…。

 

 

しかし、捨ててはいけませんよ!

 

 

たとえ酸っぱくても、ビタミンCをはじめ、

栄養がしっかり詰まっています。

 

 

ということで、酸っぱいみかんは

アレンジして消費しましょう。

 

 

では、筆者がおすすめする、

酸っぱいみかんのアレンジレシピを紹介します!

 

みかんジュレ

 

酸っぱいみかんは絞って、

ゼラチンや砂糖などと混ぜて冷やし、

美味しくておしゃれなジュレ

してしまいましょう!

 

砂糖の量を調整すれば

ダイエット中の人でも安心な、

ヘルシースイーツにもなるのでおすすめ。

 

作り方もとっても簡単ですよ!

レシピ詳細はコチラ。

https://cookpad.com/recipe/2963482

 

みかんのホットケーキ

 

酸っぱいみかんの果汁を

ホットケーキミックスに加えて焼けば、

爽やかな風味が美味しいホットケーキの完成!

 

朝食やおやつにぴったりですよ!

レシピ詳細はコチラ。

https://cookpad.com/recipe/4298572

 

みかんのドレッシング

 

酸味が強くて甘みのないみかんなら、

ドレッシングの材料に最適です!

 

絞った果汁とオリーブオイル、

塩コショウだけでも、簡単に

オレンジドレッシングが作れるので、

サラダやカルパッチョにかけて食べましょう。

 

レシピ詳細はコチラ。

https://cookpad.com/recipe/1011808

 

酸っぱいみかんを甘くする方法ってある?みかんの裏技!

 

せっかくみかんをもらったのに、

全部酸っぱいと悲しいですよね。

 

 

でも大丈夫!

 

 

なんと酸っぱいみかんも甘くなる、

とっておきの超簡単な裏技があるので、

紹介しちゃいますね。

 

みかんをお湯につけておく

 

まず、40℃くらいのお湯に

みかんをつけておきましょう。

 

10分~15分ほどつけておいてから、

1時間ほど冷蔵庫で冷やせば、

とっても甘くなるんですよ!

 

実はみかんを温めると、

酵素が、酸味の原因であるクエン酸が分解するので、

酸っぱさが抑えられて甘さが生まれるんです。

 

ただし、みかんがお湯に

浮いてしまわないように、

ビニール袋などに入れて重石を括り付け、

沈めておくと良いですね。

 

電子レンジで温める

 

みかんの皮に何か所か切り目を入れて、

レンジで30秒ほど温めましょう。

 

ここでみかんの皮に切り目を入れておかないと

レンジで加熱した時に破裂してしまうので、

くれぐれも忘れないようにしてくださいね。

 

そのあと、冷蔵庫で1時間冷やせば、

甘くておいしいみかんに早変わり!

 

みかんをよく揉む

 

みかんは、とにかくよく揉むこと!

 

するとクエン酸に衝撃を与えられ、

酸味が抑えられるんですよ。

 

よく揉んでから2~3時間おいて

食べるのがおすすめです。

 

みかんは放っておくと、

いつのまにかカビてしまうので、

たとえ酸っぱくても決してそのままにせず、

温めたり揉んだりして甘くし、

無駄にすることなく食べ切りましょう!

 

まとめ

 

酸っぱいみかんは、以下の方法にアレンジして

有効活用するといいですね。

 

・果汁を絞ってジュレにする

・ホットケーキミックスに混ぜる

・ドレッシングを作る

 

 

アレンジせずにそのままで食べたい時は、

温めたり、揉んだりしてみてくださいね!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる