松茸の賞味期限はどのくらい?鮮度の見分け方と正しい下処理の方法

豆知識

 

高級食材の松茸って、

賞味期限はどのくらいなんでしょうか?

 

 

良い香りが特徴の松茸だけれど、

なんだか酸っぱい臭いがしてきたら

傷んできてしまっている?

 

 

今回は意外と知らない松茸の賞味期限と、

鮮度の良い松茸の見分け方を紹介します。

 

ショック!松茸から酸っぱい臭いが・・・これって傷んでる証拠?

 

松茸からなんだか酸っぱい臭いがしてきたり、

傘の裏側がオレンジなど変な色になっていたら、

もうそれは傷んでしまったということなので、

もったいないですが

食べずに処分してしまいましょう。

 

 

万が一食べられたとしても、

酸っぱい臭いに変わってしまったら、

味も全然美味しくなくなっていますので、

出来れば食べずに捨てた方が無難ですよ。

 

 

基本的に、松茸の賞味期限は

常温だと2ほどで、

冷蔵庫に入れておいたとしても、

4日間くらいしか日持ちしません。

 

 

やっぱり松茸って1週間は

日持ちしないんですね…。

 

 

ただし、冷凍しておけば

最大で3ヶ月くらいは保存できますよ!

 

 

もし4日間以内に食べられそうにないなら、

いっそのこと冷凍してしまうと良いでしょう。

 

 

松茸を冷蔵で保存する時は、

以下の手順で下処理をしておいてください。

 

石づきを取る

 

 

松茸の根本の石づきを包丁で

軽く削っておきましょう。

 

鉛筆をナイフで削るときの要領で

削り取っていくといいですよ!

 

汚れを落とす

 

 

松茸は自然の中に生えていたものなので、

土とか汚れが表面についています。

 

そこでまずは、キッチンペーパーや

ふきんを水で軽く濡らし、

松茸の表面をこすっていくようにしましょう。

 

決して松茸を水洗いしてはいけませんよ。

 

水分を拭き取ってキッチンペーパーとラップに包む

 

 

汚れを落としたら、キッチンペーパーで

水気を拭き取ります。

 

そして、新たにキッチンペーパーを取り出し、

松茸を1個ずつ包んでいきましょう。

 

松茸って水分に弱いので、

乾いたキッチンペーパーで

包むのが良いんですね。

 

さらにその上からラップで包み、

数本まとめてタッパーやフリーザーバッグに入れ、

冷蔵庫の中に入れておきましょう。

 

出来れば野菜室入れておくと良いですよ!

 

松茸の冷凍方法

 

 

冷凍する場合も基本的な手順は同じですが、

汚れを落として水気を拭き取った松茸は、

ピッチリとラップを巻いて

フリーザーバッグに入れて、

出来るだけ空気を抜き、真空状態にしてください。

 

空気に触れないようにすることで、

より松茸の香りや鮮度を

長持ちさせられますよ!

 

冷凍した松茸は食べる時、

冷蔵庫に移して自然解凍がおすすめ。

 

 

ただし、冷凍してしまうと

解凍した時に食感が悪くなるため

食べ方としては、焼くのではなく

土瓶蒸し松茸ご飯にすると良いですよ。

 

松茸の風味って?香りがないのは鮮度が悪いからなの?

 

実は松茸って、採ってから日にちが経ってしまうと

どんどん香りがなくなってきてしまうんです…。

 

 

つまり鮮度が悪い松茸は、香りもしないし、

しかも傘が開いた状態になってしまうんですよ。

 

 

美味しい風味を堪能するためにも、

松茸は新鮮なうちに頂きましょう。

 

 

ちなみに松茸って食べたことがないと、

一体どんな香りなのかよく分からないですよね。

 

 

インスタントでよくある、

松茸のお吸い物の素の香りがとても似てますよ。

 

 

まぁ松茸のお吸い物の素なんですから、

松茸の香りがして当然ですね。

 

 

もっとわかりやすくいうなら、

松茸は革靴みたいな香りがします。

 

 

革靴って、あまり良い香りとは言い難いですが。

 

 

まぁつまり松茸って、良い香りというより、

特徴的な独特の香りがするきのこですね。

 

まとめ

 

 

松茸は常温だと2日しか持ちませんが、

冷蔵なら4日冷凍だと3ヶ月は保存出来ます。

 

 

ただし、石づきを削って汚れを落とし、

ラップなどで包んでおく必要がありますよ。

 

 

そして、酸っぱい臭いがしてきた松茸は、

もう腐っているので食べないようにしましょう。

 

 

また、鮮度が悪くなると、

松茸は香りが消えてしまうので、

早めに食べるようにしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました