柿ってぶよぶよになっても食べれるの?熟しすぎた柿の扱い方!

豆知識

 

は触った感じがぶよぶよなっていても、

食べることってできるんでしょうか?

 

 

確かに柔らかくなっているだけなら、

よく熟れただけとも考えられますよね。

 

 

でもぶよぶよの柿って、

皮を剥くのも大変そう…。

 

 

そこで今回は、

ぶよぶよになった柿はどう食べればいいのか、

また腐った柿と熟れただけの柿の見分け方

を紹介します。

 

柿がぶよぶよすぎて皮むけない…きれいに皮をむくには?

 

柿が熟れ過ぎてぶよぶよになってしまうと、

潰れてしまいそうだし、

皮も柔らかくなっているから、

皮むきがしづらいですよね…。

 

 

でもそんな時は、

皮を剥かずに食べてしまいましょう!

 

 

まず、柿のヘタを切り落としてしまいます。

 

 

包丁を45℃くらいに傾けて刺し

柿の芯までしっかり刺し込んでください。

 

 

そして、包丁を刺したまま、

柿をくるくると回していくと、

ヘタの部分が簡単に取れますよ!

 

 

あとは、柿を半分にカットして、

中身をスプーンですくって食べましょう。

 

 

これならどんなにぶよぶよに

なってしまった柿でも、

潰れてしまう心配もないし、

柔らかい柿の中身をしっかり食べられますね。

 

 

筆者も熟れた柿をスプーンで

すくって食べたことがあるんですが、

トロッとしていて甘くておいしいですよ。

 

 

ちなみにイタリアでもなんと、

熟れた柿はヘタを取って半分にカットして、

スプーンですくうという食べ方をしています。

 

 

っていうかそもそも、

イタリアにも柿ってあったんですね…。

 

 

イタリアではどちらかというと、

ジュクジュクぶよぶよに

熟れた柿の方が好まれるので、

この食べ方が一般的なんだとか。

 

 

でも確かに、皮を全部剥かなくても良いので

手間も省けてよさそうですね!

 

柿がぶよぶよなのって腐ってる?食べられるかの見分け方!

 

柿がぶよぶよになっているだけなら、

まだ腐っているとは限りません。

 

 

本当に腐った柿にはいくつかの特徴があるので、

続いてはそれをまとめてみました。

 

異臭がする

 

 

柿は腐ってしまうと、

まるでお酒みたいな臭いがしてきます。

 

そのため、アルコールくさくなってしまった柿は

食べないように注意しましょう。

 

食べると酸っぱい

 

 

腐った柿を食べると、

ものすごく酸っぱい味がして、

舌に刺激を感じることがあります。

 

熟れただけかな、と思って

腐った柿を食べてしまい、

酸味や刺激を感じるようなら、

すぐに吐き出して口をすすぎましょう。

 

飲み込むと高確率で

お腹を壊してしまうのでご注意を!

 

カビが生えている

 

 

柿にカビが生えていたら、

もう傷んでしまっているので、

食べることはできないでしょう。

 

皮を剥いたり、カビの生えた部分だけを

切り落として食べればいい、

と思われがちですが、

目に見えないカビの根っこが、

柿の内部まで張っている可能性があります。

 

もったいないけれど、

カビが生えたものもの捨ててしまいましょう。

 

 

以上が腐った柿の見分け方です。

 

 

これらの特徴がなくて、

ただ柿の感触がぶよぶよしているだけなら、

熟れただけなので食べても問題ないですよ。

 

 

また、柿は熟れるとヘタの部分が

酸化して黒くなりますが、

柿の実そのものには影響がないので、

ヘタをしっかり取り除けば問題ありません。

 

まとめ

 

 

ぶよぶよに熟れた柿は

ヘタの部分を取り除き

半分にカットしてスプーンで

すくって食べるのがおすすめ。

 

 

実が潰れないので安心ですよ。

 

 

ただ、ぶよぶよになっているだけなら、

熟れている証拠なので問題ありませんが、

異臭や酸味、カビなどがみられる場合は、

腐ってしまっている柿なので、

食べないようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました