柿って食べすぎるとどうなる?便秘に効くって本当?どんな効果が?

豆知識

 

便秘は誰しもが辛いものですが、

特に女性に多い症状の一つです。

 

そこで便秘に効果のあるものを調べてみると、

秋の代表的な果物、柿が便秘に有効的

だということがわかりました!

 

しかし、いくら便秘に効果的だとしても

食べ過ぎは良くありません。

 

今回は柿を食べ過ぎるとどうなるのか

ご紹介します♪

 

柿の食べ過ぎで腹痛になる?便秘に効果があるって本当?

 

柿の食べ過ぎは、

「腹痛」と「下痢」を起こす可能性があります。

 

下痢を起こすことによって

便秘が解消されるそうですが、

腹痛も起こすので少し考えものですね…。

よっぽど便秘が酷い時にしか使えなさそうです。

 

ちなみに、腹痛が起きる理由は

柿の成分によるものです。

 

その成分と言うのは、

「タンニン」「ペクチン」と呼ばれるものです。

 

「タンニン」は腸の中で膜を作り、

腸の動きを阻害し腹痛を起こします。

 

「ペクチン」は食物繊維を多く含み、

下痢を起こす原因となります。

 

この二つの成分を摂取しすぎることによって、

上記のような作用が出るそうです。

 

柿の食べ過ぎで腹痛・下痢になるとありましたが、

摂取しすぎた場合に起こる作用だと考えれば、

程よい摂取をすれば軽い便秘であれば

解消できるかもしれませんね♪

 

柿を食べ過ぎると貧血に!?柿を食べる適量ってどれぐらい?

 

柿は食べ過ぎると貧血になるのでしょうか?

 

柿と貧血について調べてみたところ、

貧血になるという情報はありませんでした。

 

しかし、柿を食べすぎることによって

体を冷やしてしまう恐れがあるそうです。

 

そのため、産後や冷え性の方、貧血持ちの方

食べ過ぎに気を付けなければなりません。

 

こうした理由から、柿と貧血について

気になっている方が多かったようです。

 

ですが、柿も食べ合わせによっては

冷え性や貧血気味の方でも食べることが出来ます。

 

食後や温かいお茶、紅茶といった

温かい飲み物と一緒に摂ることで、

体を冷やしてしまう作用を

軽減することが出来ます。

 

また、柿は1日「2個」までにしておきましょう。

柿の大きさにもよりますが、

小さいものであれば3個でもOKです。

 

腹痛や下痢、体の冷えを防ぐためにも、

食べ過ぎには注意してくださいね♪

 

まとめ

 

柿の食べ過ぎは、腹痛や下痢、体の冷えを

起こす原因となってしまいます。

 

特に体の冷えを起こすことによって、

貧血を悪化させてしまうこともあるので、

貧血気味の方は温かい飲み物と

一緒に摂るといいでしょう。

 

また、柿を食べる量は1日「2個」まで!

食べ過ぎと体調を崩しかねないので、

気を付けてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました