海苔の賞味期限が書いてない!いつまでOK?開封後でも食べられる?

豆知識

 

海苔は、

貰い物としてよく頂きますよね。

 

とっても美味しいですが、

使い切るのは地味に大変だったりします。

 

ふと気づくと、

いつ貰ったかわからない海苔が

出てくることがあります。

 

開封後であればいつまで食べられるのか

気になりますよね。

 

今回は、海苔の賞味期限や

賞味期限切れの海苔について、

また海苔を使ったレシピをご紹介します。

 

海苔の賞味期限ってどれぐらい?開封後だとどうなるの!?

 

なんとなく、海苔には

賞味期限がなさそうに見えますが、

もちろんあります!

 

よく見てみると、ちゃんと書いてあるので

確認してみて下さい。

 

袋入りは約9か月

缶入りは約15か月

プラスチック入りは約1年

が一般的です。

 

未開封の海苔であれば、

賞味期限が半年過ぎていても

食べられます

 

 

ただし、他の食べ物と同じく、

時間が経てば風味は落ちていきます。

 

 

湿気があれば

その分食感も悪くなりますし、

保管方法はきちんとしましょう

 

 

開封後で、賞味期限内だとしても、

以下の場合は食べるのを辞めましょう。

 

●カビが生えている、変な味がする(まずい)

 

開封後は、

海苔は湿気に弱いので、

湿気のないところに保管しましょう。

 

 

保管した後でも、

食べる前にきちんと確認しましょう。

 

海苔の賞味期限切れって食べられる?古い海苔を使うレシピも!

 

賞味期限切れでも、

カビや変な味がしなければ

食べることはできます。

 

 

ただし、しけっていれば

元通りになることはありません。

 

 

もちろん風味も

戻ることは無いでしょう。

 

 

ただ、調理することで

美味しく食べることが出来るんです!

 

古い海苔を使うレシピ

 

・韓国のり

焼き海苔、ごま油、塩を用意してください。

 

    1. 海苔を一口サイズに細かく切る
    2. 海苔の片面にごま油を薄く塗り、塩を振る(ごま油ははけで塗ると便利です)
    3. 最後に両面をフライパンで焼く(弱火)※焼きすぎ注意

 

***

その他には、汁物や海苔ソースに、

またパスタに刻んでかけると使えます。

 

 

汁物であれば、

適当にちぎってかけるだけなので

とても簡単ですよね♪

 

 

少し工夫するだけで、

あっという間に海苔を消費できますよ!

 

まとめ

 

海苔の賞味期限や、

賞味期限切れの海苔についてや

レシピをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

海苔の賞味期限は、

入れ物のタイプによって変わります。

 

確かに他の食べ物より

賞味期限が長いですが、

カビなどを確認してくださいね。

 

特に開封後のものは、

傷みやすいので気を付けましょう。

 

また、賞味期限が切れた海苔も

工夫次第で使えます。

 

しけっているものは元に戻せませんが、

汁物に使う場合は問題ありません。

 

余った海苔・

賞味期限が切れた海苔も

捨てずに美味しく食べましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました