義実家で挨拶するのも緊張しちゃう!帰省の時のマナーとポイント!

マナー・ルール

 

お付き合いしている男性との結婚を控え、

義実家(彼の実家)へご挨拶に行くときって、

すごく緊張しますよね。

 

 

きちんとしたお嬢さんという印象を、

持ってもらい、受け入れてもらうためには

マナーをしっかり押さえておくのがベスト。

 

 

そこで今回は義実家で挨拶する際、

最低限押さえておきたいマナーを紹介します。

 

義実家に挨拶する時の服装は?きちんとしたい時のポイント!

 

結婚を控え、ドキドキする義実家への訪問。

 

 

幸せな結婚生活を送るにはやっぱり、

義実家との関係性も

良くしておきたいものですね。

 

 

それには最初に挨拶する際の印象がとても大事。

 

 

まずはご挨拶に行くときの

服装のポイントを掴みましょう。

 

清楚で上品な服装を心掛ける

 

 

義両親だけでなく、

他人から印象を良くするには、

清楚で上品な服装をすることがポイント。

 

男性でしたらスーツでいくのが定番ですが、

女性は清潔感+露出が低め+落ち着きのある服装

ベストなんです。

 

そこで最もおすすめなのが、

白系のワンピースとカーディガンの組み合わせ。

 

真っ白でなくてもベージュやアイボリー、

また白以外ならグレーや紺など

落ち着いた色であればOKです。

 

スカート丈は膝丈くらいが良いですよ。

 

露出を抑えるためにも、

カーディガンなど羽織ものは絶対必要。

 

夏場であっても、ノースリーブはNGです。

 

パンツスーツはビジネスっぽくなるのでNG!

 

 

いくら上品で落ち着いた印象といっても、

パンツスーツを着るのはやめましょう。

 

まるでビジネスシーン、

何か契約をする場みたいになってしまいます。

 

できればもう少しカジュアルというか、

女性らしい印象の服装が理想ですね。

 

素足はマナー違反!必ずストッキングを着用して

 

 

ワンピースやスカート姿なら

ストッキングは特に必須。

 

ちなみに、素足で人の家に上がるのは

基本的にマナー違反なので、

ワンピースでなくても、

ストッキングは必ずはいておきましょう。

 

ストッキングは柄のない、

肌色のシンプルなものが良いですよ。

 

靴やバッグもシンプルで

 

 

靴はヒールが低めの

シンプルなパンプスがベスト。

 

ミュールやサンダル、スニーカーは

カジュアルすぎるし、

ブーツは玄関で脱ぐのが大変なので、

履きやすいタイプがいいですね。

 

バッグもシンプルだけれど

カジュアル過ぎないデザインで、

レザー素材が無難です。

 

そして何気に重要なのは、

靴もバッグもハイブランドのものではないこと。

 

ヴィトンとかエルメスとかシャネルとか、

誰が見ても高いとわかる

ブランドのものを身に付けると

身分不相応なものを欲しがり、

浪費癖があると思われてしまうので、

注意しましょう。

 

髪形やメイク、アクセサリーも清楚に

 

 

派手なカラーリングは控えて、

長い髪は上品にまとめるのがおすすめ。

 

そしてメイクも派手さを抑えた

ナチュラルメイクを心掛けましょう。

 

香水もできれば香りが強くないものが無難。

 

また、ネイルアートはせずに、

爪も短く切っておきましょう。

 

アクセサリーはつけていくとしたら、

小粒のパールのものが良いですね。

 

ゴテゴテしたゴールドやシルバーなどの

アクセサリーはNGですよ。

 

***

以上が基本的な服装のマナー。

 

 

あとは百貨店で手土産を購入して

持参することも忘れないようにしてくださいね。

 

義実家へ帰省したら挨拶はなんて言う?好印象になるお嫁さん語録!

 

より義両親から好印象を持たれるためには、

言葉遣いもとても大事。

 

 

でも緊張していると、

まず挨拶はなんといえばいいか、

上手く口から出てこないことが多いでしょう。

 

 

そこで、良いお嫁さんだと思われるような、

挨拶語録をまとめました。

 

 

・初めまして。○○さん(婚約者の名前)と

お付き合いさせていただいてます、

△△(あなたの名前)です。

 

⇒義実家に着いたら、玄関先で

まず言うべき挨拶ですね。

 

敬語が少したどたどしくなっても大丈夫。

 

自分が出来る限りの

丁寧な言葉遣いをしましょう。

 

 

・本日はお忙しい中、お時間を作っていただき

ありがとうございます。

 

⇒都合をつけて挨拶する機会を

作ってくれた義両親に、

しっかりとお礼を伝えましょう。

 

するとかなり印象がよくなりますよ。

 

 

・まだ未熟で至らぬ点もある私ですが、

○○さんと協力し、温かい家庭を築いていきます。

よろしくお願いします。

 

⇒いよいよ彼から義両親へ結婚を報告したら、

改めてあなたからもご挨拶をしましょう。

 

 

以上が印象を更によくする言葉です。

 

 

基本的に礼儀正しい言葉使いと、

義両親への感謝の気持ち

伝えられるようにすれば

特に問題はないでしょう。

 

まとめ

 

 

結婚が決まり、

彼の実家にご挨拶に行くときは、

清楚で上品かつ落ち着いた服装を

心がけましょう。

 

 

挨拶する時も、敬語の使い方がおぼつかなくても

精一杯丁寧な言葉遣いをすれば大丈夫ですよ。

 

 

気負いせずに、頑張ってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました