ビニールプールの空気の入れ方は?知っておきたいぷち裏技!

豆知識

 

ビニールプールって、どうしたら

簡単に空気を入れられるのでしょう?

 

 

口で空気を入れようとすると大変だし、

時間もかかってしまいますよね…。

 

 

そこで今回は、ぜひおすすめしたい、

とっても簡単な、ビニールプールの

空気の入れ方をご紹介!

 

 

あわせて、使い終えたビニールプールの

空気を抜く方法も紹介するので、

ぜひ覚えておくと良いですよ!

 

ビニールプールってなかなか空気が入らない!コツってあるの?

 

ビニールプールに空気を入れるのは

なかなか大変なもの…。

 

 

特に、ポンプがないと

膨らませるのはかなり大変ですよね。

 

 

そこで、空気を入れたい場合は

ドライヤーを使いましょう!

 

 

ドライヤーをビニールプールの

空気入れの部分に差し込み、

冷風でスイッチをONします。

 

 

すると、とても簡単に

ビニールプールに空気が入っていき、

あっという間に膨らませることが出来ますよ!

 

 

しかも、普通のドライヤーでOKです。

 

 

特にるくるドライヤーなら、

より簡単に空気を入れることが出来るので

ぜひ試してみてください。

 

 

ただし注意点としては、

必ず冷風で空気を入れていくこと!

 

 

温風にすると、場合によっては

ビニールプールにダメージを

与えてしまうこともあるので、

くれぐれも注意するようにしましょう。

 

 

また、ドライヤーでビニールプールに

空気を送り込む時は、プールやその周辺が

濡れていないか確認しましょう。

 

 

濡れていると、ドライヤーが

感電してしまう可能性もあるので、

十分に注意してくださいね!

 

 

ということで、ビニールプールに

空気を簡単に入れるには、

ドライヤーを使うべし!

 

 

ぜひドライヤーでビニールプールを

楽に膨らませていきましょう!

 

ビニールプールの空気抜きのやり方は?プチ裏技で簡単に!

 

膨らませたビニールプールを使い終えたら、

空気の注入口に、斜めにカットした

ストローを差しましょう。

 

 

奥までストローを差し込んでおくことで、

ビニールプールの空気が

どんどん抜けていきますよ!

 

 

後はビニールプールをたたみながら、

中の空気を押し出していけばOK!

 

 

まさかビニールプールの空気を抜くのに

ストローが役立つとは、

思いもよりませんでした。

 

 

ストローを空気の注入口に差し込むと、

注入口内にある逆流防止弁が

開いた状態になるので、

空気をしっかり抜くことが出来るんですね。

 

 

簡単だけれどとっても効果的なので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

そうすれば、片付けるのも

すごく楽になるでしょう。

 

 

筆者の友人にも小さい娘さんがいて、

夏場はビニールプールでよく遊ぶようで、

この方法もとても好評でしたよ!

 

 

やっぱり、空気入れや後片付けが楽だと、

ビニールプールを用意するのも

面倒くさくなくなるので、

親としてもとてもありがたいですよね!

 

まとめ

 

ビニールプールの簡単な空気の入れ方は、

ドライヤーの冷風を使って

空気を送り込むこと。

 

 

特にくるくるドライヤーだと、

より簡単に空気が入りますよ!

 

 

そして空気を抜く時は、

斜めにカットしたストローを奥まで差し込み、

後は端から折りたたんでいけばOK!

 

 

これで、ご自宅でのプール遊びも

より楽しくなること間違いなしです♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました