ランドセルの色で後悔したくない!失敗しないためにはどうすれば!?

子育て

 

ランドセルの色って

本当に悩んでしまいますよね。

 

 

6年間ずっと使っていくものだから、

その時のテンションで決めてしまうと、

高学年になって後悔することもあるんだとか!

 

 

なるべく後悔することは避けたいので、

ランドセルの色や装飾の有無などは

慎重に決めていきましょう。

 

 

そこで今回は

後悔しないためのランドセルの色の選び方

を紹介します。

 

ランドセルをダサいと言われたらショック!どんな色を選べばいいの?

 

ランドセルをダサいと

言われてしまわないためにも、

色選びは慎重にしていきたいものですね。

 

 

おすすめなのは派手過ぎない色にすること。

 

 

筆者が子供の頃は、女の子は赤いランドセルで

男の子は黒いランドセルというのが一般的でしたが

ここ数年ではカラーバリエーションが豊富。

 

 

青系でも女の子向きの色があったり、

赤系でも男の子向きの色があったりしますよね。

 

 

でもどんな色にしようと

6年間ずっと使っていくので、

後悔しないように選ぶべきでしょう。

 

 

そこで、あまり派手にならない色

選ぶと良いですね。

 

 

派手な色とは、たとえば

シルバーやゴールドだったり、

ショッキングピンクだったり

イエローだったり…。

 

 

どうしても派手な色にしてしまうと、

大きくなってから後悔する確率が

高いんですよね。

 

 

もしお子さんが

ピンクのランドセルがいいと言ったら、

桜色とか淡いピンクにしてあげるといいですよ。

 

 

特に女の子の場合は赤やピンクや

ブラウンなどのランドセルが人気なので、

人気の色のランドセルを選んであげると、

クラスでも目立たなくて安心ですよ。

 

 

男の子なら黒や紺色、

もしくは、赤と黒や青と黒などの

コンビネーションの色を選んであげると、

目立ち過ぎないし派手過ぎないので

無難でしょう。

 

ランドセルの刺繍に後悔する?高学年になるとかわいいのほどイヤ?

 

最近の女の子用のランドセルって、

ハートとかかわいい刺繍が

してあるものが多いですよね。

 

 

でもあんまり刺繍や装飾が

ゴテゴテしているランドセルだと、

可愛すぎてしまって、

高学年になった時に後悔することが多いんです。

 

 

確かに高学年になると、

シンプルなランドセルの方が似合いますよね。

 

 

そこで、やっぱりランドセルを買うなら、

なるべくシンプルめなデザイン

しておきましょう。

 

 

もしお子さんが可愛い刺繍のある

ランドセルを欲しがったら、

可愛い柄のランドセルカバー

かけてあげるようにすればいいですよ。

 

 

最近はランドセルカバーという

便利アイテムもあるので、

途中で色やデザインが嫌になってしまったら、

カバーでどうにかアレンジするようにしましょう。

 

 

ランドセルって本当に色やデザインや

カバーが豊富になりましたよね!

 

 

でもカラーバリエーションが豊富な分、

親御さんとしては選ぶのも一苦労。

 

 

後悔しないためにも目立ち過ぎない、

シンプルなランドセルを

選んであげましょう!

 

まとめ

 

 

ランドセルの色で後悔しないためには、

目立ち過ぎない色を選んでおくこと。

 

 

あまり派手過ぎる色だと高学年になった時に、

高確率で後悔してしまいます。

 

 

また、刺繍が可愛らしいものも

後悔してしまうことが多いので、

なるべくデザインはシンプルなのがおすすめ。

 

 

代わりにランドセルカバー

可愛くしてあげましょう。

 

 

一生の思い出に残る物なので、

ぜひ慎重に。

 

タイトルとURLをコピーしました