こたつで寝ると太るって本当なの?意外とあった影響と危険性!

豆知識

 

こたつで寝ると太ると聞きますが

果たしてこれは本当なんでしょうか?

 

 

でも確かに昔から、こたつで寝るのは

体によくないって耳にしますよね。

 

 

実はこたつで寝ると

意外な影響や危険性があるんですよ!

 

 

今回はそんな

こたつで寝てしまうリスクについて解説します。

 

こたつで寝るとむくみが起こるのはどうして?体に与える影響とは?

 

こたつで寝ると太る、というのは本当です!

 

 

まずこたつに入っていると、

どうしてもそこから出ようとせずに、

だらっと過ごしてしまいがちです。

 

 

こたつって食後眠くなったら

すぐに横になれちゃうので、動く量が減り、

いわゆる『食っちゃ寝』状態になるので、

どうしても太りやすくなってしまうんですよね…。

 

 

しかも、こたつで寝ると

体がむくみやすくなる

いわれているんですよ。

 

 

こたつに入ると下半身だけが温められ、

上半身が冷えている状態になっていきます。

 

 

すると、上半身と下半身に温度差が生じ、

体内の血行がスムーズになりにくくなり、

むくみが生じやすくなってしまうんです。

 

 

このむくみもこたつで寝ると

太るとされている原因の一つ。

 

 

確かにこたつで寝ると、

足がなんだか太くなったように

感じることはありませんか?

 

 

あれも実はこたつで寝てしまったことに

よって生じたむくみなんです。

 

 

また、こたつで眠ってしまい、

下半身だけが温められた状態になると、

体温調節が上手く出来なくなるため、

脱水症状が起こり、

喉が乾燥してウイルスに感染しやすくなる

といったリスクも!

 

 

「こたつで寝ると風邪をひくよ」、

なんて昔からよく言われたものですが、

実はあれも本当だったんですね…。

 

 

なるべく冬場はこたつで

寝てしまわないように気をつけたいものです…。

 

こたつで寝ると冷え性になっちゃう?意外な危険性も潜んでいた!

 

こたつで寝ると太りやすくなったり、むくんだり、

風邪をひきやすくなったりするだけでなく、

冷え性にもなってしまうことがあるんですよ!

 

 

というのも、こたつで寝てしまうと、

体の外は温められている状態になるんですが、

自分の体内から温める、

ということが出来なくなります。

 

 

そのため、結果として血流が悪くなり、

冷え性に繋がってしまうんですよね。

 

 

また、こたつで眠ってしまい汗をかいて

それが冷えてしまえば、余計に

体の体温を下げることになります。

 

 

女性は特に冷え性になりやすいので、

こたつでうたたねする際は

十分に注意した方が良いでしょう。

 

 

こたつって心地がいいから

ついつい眠ってしまいがちですが、

実はとっても体によくないことだらけ

だったんですね。

 

 

もちろんほんの数十分だけ

眠ってしまうのは大丈夫ですが、

そのまま夜を明かしたり、

何時間も眠ってしまうのはやっぱり危険!

 

 

冬場はこたつがとっても心地いいですが、

なるべく長時間眠らないようにして、

また脱水症状にならないように

水分もたくさん摂るようにしましょう。

 

まとめ

 

 

こたつで寝ると太るというのは本当!

 

 

こたつは心地よくてつい

動く量が減ってしまうし、

下半身だけが温められた状態になるので、

血行がわるくなりむくみ

生じやすくなってしまいます。

 

 

冬太りしやすい人は特に注意したいですね…。

 

 

また、こたつで眠ってしまうと、

体の外側だけが温められた状態になり、

体内が温められずに冷え性

なってしまうことも!

 

 

こたつで寝ると

風邪もひきやすくなってしまうので、

長時間こたつで寝てしまうのは

くれぐれも避けましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました