人気のお弁当箱ランキング!容量やタイプで自分に合う物見つけよう!

豆知識

 

お弁当箱って、

どんなものを選べばいいか、

どの大きさがベストなのか

迷ってしまいますね。

 

 

このサイズでいいかと選んでみたら

意外と大きかった…、という失敗もあるはず。

 

 

そこで今回は、

おすすめのお弁当箱の容量や選び方

解説します!

 

知っていると便利!お弁当箱の容量の測り方を簡単にする方法!

 

お弁当箱の大きさは、かなり重要。

 

 

でもイマイチ

どうやって大きさを測ればいいのか

分からないですよね。

 

 

新しく買うお弁当箱選びを

失敗しないように、

まずはお弁当箱の容量の測り方

を知っておきましょう。

 

 

と言っても、

測り方は意外と簡単!

 

 

今使っているお弁当箱に水を入れて、

入った水量を測るだけなんです。

 

 

まず、キッチンスケールに、

いつも使っているお弁当箱を乗せて

重さをゼロにリセットします。

 

 

そして、お弁当箱に

水を静かに、ゆっくりと注ぎましょう。

 

 

キッチンスケールは

濡らさないようにして、

お弁当箱にはふちギリギリまで

水を入れてくださいね。

 

 

水を注ぎ終えたら、

その重さを確認してみましょう。

 

 

お弁当箱に入った水の重さこそが、

そのお弁当箱の容量なのです。

 

 

例えば、お弁当箱に水を入れて

600gの重さだった場合は、

容量は600mlということですね。

 

 

もしもこのお弁当箱より

もう少し大きいものが良いのなら、

650mlとか700mlの

お弁当箱を買うといいことになります。

 

 

反対に、もう少し小さい

お弁当箱にしたければ

500mlの容量のお弁当箱を

買うと良いでしょう。

 

 

お弁当箱を複数使っている場合は、

それぞれに水を入れて容量を測り

メモしておくと良いですよ。

 

 

自分にとってベストな大きさを

チェックできるので、

とっても便利な方法ですね!

 

 

お弁当箱代わりに

タッパーを使っている場合も、

タッパーに水を入れればOKなので、

ぜひ試してみてください。

 

お弁当箱の容量がカロリー?目安を知って健康的にダイエット!

 

ダイエット中の場合は、

出来る限り小さい容量の

お弁当箱を使うようにして、

食べ過ぎてしまうのを防ぎたいですよね。

 

 

でも、ダイエットに役立つお弁当箱は、

どのくらいの容量が目安なのでしょうか?

 

 

実は、

お弁当箱の容量=カロリー

になっているんですよ!

 

 

つまり、お弁当箱が大きければ

当然カロリーも増えるし、

小さければカロリーも低くなります。

 

 

さすがに、おかずを

お肉など脂っこいものばかりにしたら、

容量よりもカロリーの方が

格段に上がってしまいますが

基本的には、お弁当のカロリーは容量と同じ。

 

 

例えば500mlのお弁当箱でしたら、

中に詰める料理のカロリーは

500kcalになります。

 

 

そのため、ダイエット中で

食べ過ぎを防ぎたいなら、

お弁当はなるべく小さい容量にして、

摂取カロリーを抑えましょう。

 

 

また、お弁当に詰める料理も、

主食を3割、

メインとなるおかず1割、

野菜や豆類などの副菜を2割、

という配分を心掛けると

栄養バランスよく摂取できるので、

健康に痩せられますよ。

 

 

お弁当って、ついつい

野菜が少なくなってしまうんですよね…。

 

 

でも、作り置きや冷凍食品なども駆使して

バランスのいいお弁当を作っていきましょう。

 

 

まとめ

 

 

お弁当箱の容量は、

中に水を注いだ量で測ることが出来ます。

 

 

持っているお弁当箱で試してみましょう!

 

 

そして、

お弁当箱の容量=カロリーなので、

ダイエット中で摂取カロリーを減らしたいなら、

少し小さめのお弁当箱を選ぶのがおすすめ。

 

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

タイトルとURLをコピーしました