妊娠初期に自転車の振動って大丈夫?徒歩ならどう?流産の危険は!?

子育て

 

妊娠初期に自転車に

乗っても大丈夫なんでしょうか?

 

 

やっぱり自転車に乗ると振動が来るから、

お腹の赤ちゃんに影響がないか

心配ですよね。

 

 

それにやっぱり自転車に乗って

転倒したりしてしまったら大変!

 

 

やはり妊娠中は、

徒歩の方が安心なんでしょうか?

 

 

そこで今回は、

妊娠初期に自転車に乗ってもいいのか、

振動などで赤ちゃんに影響はないか

などを紹介していきます。

 

妊娠初期に自転車って乗ってもいいの?徒歩の方がやっぱり安全?

 

結論から言うとズバリ、

自転車に乗った時の振動で、

お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす

ということはありません。

 

 

ただし、妊娠中に自転車に乗り

ペダルを踏みだす時に、お腹の中に圧力、

つまり腹圧がかかる場合もあります。

 

 

腹圧がかかる分には特に問題ないのですが、

腹圧が高まってしまうと、

流産などのリスクが

高くなってしまうんですよね。

 

 

また、妊娠初期ってつわりがあったり、

お腹が張ってしまいやすいんですよね。

 

 

つわりやお腹が張っている状態だと

自転車を漕ぐのにも大変だし、

注意力も散漫になって事故を起こしたり

転んでしまう可能性も!

 

 

妊婦さんは自転車に絶対乗ってはいけない、

ということではありませんが、

やっぱり体調が良くない時は極力、

自転車ではなく徒歩での

移動の方が安心ですよ。

 

妊娠初期の自転車っていつまでOK?流産のリスクと気をつけること!

 

妊娠初期であっても、体調が悪くなく、

普通に自転車を漕げる状態なのでしたら、

自転車に乗ってしまってもOK!

 

 

ただし流産のリスクを下げるためにも、

自転車を漕いでいる途中、お腹が張ってきたり

具合が悪くなるようなことがあれば、

すぐに降りて自転車は

押していくようにしましょう。

 

 

特に妊娠中に自転車に乗る際は、

サドルの高さに注意!

 

 

またがった時に両足のつま先が

地面につくくらいの高さが、

ちょうど良いサドルの位置ですよ。

 

 

ちょうどいいサドルの高さにしないと、

転んでしまうリスクも出てきてしまうので

気を付けましょう。

 

 

また、腹圧が高まってしまうので、

なるべく坂道を自転車で上らないこと。

 

 

雨の日や風が強い日も自転車に乗るのは

控えるようにしましょう。

 

 

要するに妊娠中、

特に初期の頃は自転車に乗る場合は

くれぐれも安全運転で、

かつ無理のないように乗ることが

重要なんですね。

 

 

ちなみに、妊娠中期になっても体調がよければ、

自転車に乗ることはOKですよ。

 

 

自転車に乗るのはいい運動になるので、

安全な走行を心がけて乗りましょう。

 

 

そして妊娠後期はお腹も

かなり大きくなっているので、

なるべく自転車に乗らないこと。

 

 

バランスが取りづらくなってきているので、

徒歩を心掛けるようにしていくといいですね。

 

 

でも全く乗らないのではなく、

乗る場合は十分に気を付けるようにすれば、

問題ないのでその点は安心してください!

 

まとめ

 

 

妊娠初期に自転車に乗ることで、

腹圧がかかってしまったり、

お腹が張ったりつわりなどで、

事故や転倒のリスクが高くなる可能性も。

 

 

そのため、無理をせず体調が良い時にだけ、

自転車に乗るようにすると良いですね。

 

 

もし自転車に乗る場合も、

サドルの高さを調整して

転ぶリスクを下げましょう。

 

 

また、腹圧がかからないように、

自転車で坂道を上るのは控えること。

 

 

天気が悪い日風が強い日

自転車は控えた方が良いですね。

 

 

くれぐれも安全運転を心がけていれば、

妊娠初期でも自転車に乗っても大丈夫ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました