自分で出来る靴の修理法!ブーツのつま先が剥がれた時の対策とは?

豆知識

 

秋冬にかけて、ブーツが大活躍しますね!

 

しかし、

せっかく気に入って買ったブーツが大きい…。

なんてこと、ありませんか?

 

 

また、

お気に入りのブーツのつま先が剥がれた…。

なんてこともありますよね。

 

 

修理店に出すのも面倒ですし、

買い直しが出来ない場合もあります。

 

 

しかし、調べてみると剥がれた部分を

自分で修復する方法がありました!

 

 

傷がついた場合でも、

自分で消すことができちゃうんです。

 

 

今回は、買ったブーツが大きかった時の詰め物

ブーツのつま先が剥がれた時の

対処法や傷がついた時に直す方法をご紹介します。

 

買ったブーツが大きかった!そんな時に便利なつま先に入れる詰め物

 

買ったブーツが大きかったとき、

歩きやすくするためにも詰め物は欠かせません。

 

 

そんな時は、100均などで売られている

「つま先クッション」がおすすめです。

 

 

他にもサイズ調節できるものがあるので

ぜひ見てみて下さい。

 

 

もし急ぎで、これらをすぐに用意できない場合は

伝線したストッキングやティッシュ

詰めてみて下さい。

 

 

多少足に負担はかかりますが、

急ぎの場合にはぜひ試してみてください。

 

ブーツのつま先に傷が!自分で出来る簡単な傷消し方法

 

次に、つま先が剥がれた場合の対処法と

傷消しの方法をご紹介します。

 

つま先が剥がれた場合

 

つま先が剥がれた場合は、コロンブス社の

アドカラーで直してみて下さい。

 

カラーも豊富で、

価格は300円~600円程なので

買いやすいでしょう。

 

剥がれた部分にアドカラーを筆などで

塗るだけなので、とても簡単です。

 

ネットで買う場合は、筆もついでに

買っておくといいでしょう。

 

傷がついた場合

 

深めの傷がついてしまった場合は、

アドカラー+アドベース

使ってみて下さい。

 

アドベースは補修クリームで、

アドカラーとセット販売もしています。

 

これも基本的に塗るだけなので、

自分で簡単に直すことが出来ますよ。

 

 

***

自分でやるのが不安な方は、

靴屋さんで修理してもらうといいでしょう。

 

 

ただし、靴屋さんや修理店では

お金と時間がかかります。

 

 

まずは電話で聞いてみてから、

どのような方法が一番いいのか

決めてみるのもいいでしょう。

 

まとめ

 

ブーツについて色々と

ご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

 

購入したブーツのサイズが大きかった場合には、

100均などで詰め物を購入するのが◎。

 

 

もちろん靴屋さんでも手に入るので、

店員さんにおすすめを聞くのもいいですよ。

 

 

急を要する場合には、

ストッキングやティッシュで代用しましょう。

 

 

しかし、つま先が剥がれた場合や

傷がついたときにも、

自分で直すことができます。

 

 

そんなときには

アドカラー+アドベースがおすすめ。

 

 

女性の方でも簡単にできるので、

あって困らないと思います。

 

 

ブーツに傷がついて凹む前に、

まずは試してみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました